はごろも「シーチキン」はTVCMでメニュー提案し大ブレーク

公開日:  更新日:

 はごろもフーズの「シーチキン」は、日本におけるツナ缶(マグロ・カツオ缶詰)のパイオニアだ。素材性が強く、和洋問わず活用できる万能さが支持され、1958年の発売以来、トップを快走。市場シェアは現在も5割を超える。

 シーチキンは、ビンナガマグロの油漬け缶詰からはじまったブランドである。前身の後藤缶詰所のころから米国向けに同缶詰を作っていたはごろもフーズは戦後、食文化の西洋化を見据え、国内販売へかじを切った。

「内販に方針転換するにあたり、特に若い人に好んで食べてもらえる商品名を検討。ビンナガマグロは白く軟らかい肉質で『海の鶏』と呼ばれていたため、『シーチキン』と名づけた」(経営企画室の田中隆裕氏)

 58年に商標登録。国内ではまだなじみのなかったマグロの缶詰だけに、販路開拓とともに力を入れたのが広告宣伝だ。初のテレビCMは67年に名古屋地域で放映したもの。「奥さま、今夜のおかずにシーチキンはいかが」というキャッチフレーズで、サラダやサンドイッチ、おにぎりなど、いまでは定番にあたるメニューを提案した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  5. 5

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  6. 6

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  7. 7

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  8. 8

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

  9. 9

    渋谷、浅草、築地…メジャーリーガーは昼間の観光に大忙し

  10. 10

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

もっと見る