はごろも「シーチキン」はTVCMでメニュー提案し大ブレーク

公開日:  更新日:

 はごろもフーズの「シーチキン」は、日本におけるツナ缶(マグロ・カツオ缶詰)のパイオニアだ。素材性が強く、和洋問わず活用できる万能さが支持され、1958年の発売以来、トップを快走。市場シェアは現在も5割を超える。

 シーチキンは、ビンナガマグロの油漬け缶詰からはじまったブランドである。前身の後藤缶詰所のころから米国向けに同缶詰を作っていたはごろもフーズは戦後、食文化の西洋化を見据え、国内販売へかじを切った。

「内販に方針転換するにあたり、特に若い人に好んで食べてもらえる商品名を検討。ビンナガマグロは白く軟らかい肉質で『海の鶏』と呼ばれていたため、『シーチキン』と名づけた」(経営企画室の田中隆裕氏)

 58年に商標登録。国内ではまだなじみのなかったマグロの缶詰だけに、販路開拓とともに力を入れたのが広告宣伝だ。初のテレビCMは67年に名古屋地域で放映したもの。「奥さま、今夜のおかずにシーチキンはいかが」というキャッチフレーズで、サラダやサンドイッチ、おにぎりなど、いまでは定番にあたるメニューを提案した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  8. 8

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る