ラグビー・エディーHCに学ぶ 部下が慕う「鬼上司」ここが違う

公開日:  更新日:

「間違いなく一番の指導者でした」――ラグビーW杯で3勝を挙げながらベスト8を逃した日本代表メンバーは、会見でエディー・ジョーンズヘッドコーチ(HC)をこう称えた。一部では、“鬼軍曹”という指摘もあったが、躍進の立役者・五郎丸歩が目に涙を浮かべながらボスへの思いを語るなど、人望が厚かったことがうかがえる。

 ひるがえってサラリーマン社会を見渡すと、上司に必ずしも人望があるとは限らない。“肩書の力”で部下をひきつけているケースも少なくないだろう。サラリーマンである限り、上司と部下は切っても切れないが、“鬼軍曹”でありながら人望がある上司は、何が違うのか。

■代表に貢献してきたベテランも容赦なく外した

 ビジネスコンサルタントで、SBIモーゲージ・元取締執行役員常務の横山信治氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    原発外交、領土交渉…自民党は3代目に身上をつぶされる

もっと見る