我が家は大丈夫? 欠陥住宅「発覚から解決」までの4ステップ

公開日: 更新日:

 横浜のマンションが傾いている問題以降、全国で疑心暗鬼が広がっている。ただ、不動産業界は別名クレーム産業と呼ばれるくらい苦情処理に慣れており、素人が連絡したくらいではノラリクラリかわされるのがオチだ。「ウチも欠陥住宅ではないか?」と思ったら、どうすればいいのか。

■まずは一級建築士に電話相談

 ひび割れた外壁から赤茶けたさび汁がにじみ出ている。これは中の鉄筋が腐食しているからで、素人目にも建築業者の施工不良は明らか。だが、単純なコンクリートのひびは経年劣化の可能性が高い。この違いは専門家でもなければ判別不能だ。

 いきなり家を買った不動産販売会社に電話し、「欠陥住宅ではないか?」と苦情を入れても、まともに取り合ってくれる可能性は少ない。

「まず、マンションなら管理組合と相談し、当該箇所の写真を撮るなどして情報を共有します。一戸建てにお住まいの方も手順は同じです。第1ステップとしては、1級建築士のいる第三者機関に電話で相談してみるといいでしょう」(住宅診断を行う「さくら事務所」広報担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「70歳で子供を授かりました!」インド西部に住む夫妻に“コウノトリ”が…

    「70歳で子供を授かりました!」インド西部に住む夫妻に“コウノトリ”が…

  2. 2
    英国で秋田犬をめぐる悲劇…飼い主死亡、1人が両足切断した原因はバクテリア感染だった

    英国で秋田犬をめぐる悲劇…飼い主死亡、1人が両足切断した原因はバクテリア感染だった

  3. 3
    北海道や青森でリバウンドの兆候…夏より大きい「冬のコロナ第6波」はすでに近づいているのか

    北海道や青森でリバウンドの兆候…夏より大きい「冬のコロナ第6波」はすでに近づいているのか

  4. 4
    安倍元首相「立憲・共産なら悪夢の時代に逆戻り」に反発の声 枝野氏地元での演説が“ブーメラン”に

    安倍元首相「立憲・共産なら悪夢の時代に逆戻り」に反発の声 枝野氏地元での演説が“ブーメラン”に

  5. 5
    自民「50議席減」で単独過半数割れか…党が慌てて「情勢緊迫」通達を陣営に送付

    自民「50議席減」で単独過半数割れか…党が慌てて「情勢緊迫」通達を陣営に送付

もっと見る

  1. 6
    16時間絶食を実践中!常連の女の子は半年で40キロ減、グットいい女に

    16時間絶食を実践中!常連の女の子は半年で40キロ減、グットいい女に

  2. 7
    ヤクルト村上宗隆は2冠射程圏・MVP確実! 2年連続“イチロー&ゴジラ超え”の大幅昇給間違いなし

    ヤクルト村上宗隆は2冠射程圏・MVP確実! 2年連続“イチロー&ゴジラ超え”の大幅昇給間違いなし

  3. 8
    「悪をかばう候補者は政治家の資格なし」都内の市民グループが自公候補に“落選運動”を展開

    「悪をかばう候補者は政治家の資格なし」都内の市民グループが自公候補に“落選運動”を展開

  4. 9
    自公vs立憲で一騎打ち激戦「57選挙区」 政権選択の勝負はここで決まる!

    自公vs立憲で一騎打ち激戦「57選挙区」 政権選択の勝負はここで決まる!

  5. 10
    「エディー・バウアー」年内で日本撤退、各店舗の爆安セールが大盛況

    「エディー・バウアー」年内で日本撤退、各店舗の爆安セールが大盛況