我が家は大丈夫? 欠陥住宅「発覚から解決」までの4ステップ

公開日:  更新日:

 横浜のマンションが傾いている問題以降、全国で疑心暗鬼が広がっている。ただ、不動産業界は別名クレーム産業と呼ばれるくらい苦情処理に慣れており、素人が連絡したくらいではノラリクラリかわされるのがオチだ。「ウチも欠陥住宅ではないか?」と思ったら、どうすればいいのか。

■まずは一級建築士に電話相談

 ひび割れた外壁から赤茶けたさび汁がにじみ出ている。これは中の鉄筋が腐食しているからで、素人目にも建築業者の施工不良は明らか。だが、単純なコンクリートのひびは経年劣化の可能性が高い。この違いは専門家でもなければ判別不能だ。

 いきなり家を買った不動産販売会社に電話し、「欠陥住宅ではないか?」と苦情を入れても、まともに取り合ってくれる可能性は少ない。

「まず、マンションなら管理組合と相談し、当該箇所の写真を撮るなどして情報を共有します。一戸建てにお住まいの方も手順は同じです。第1ステップとしては、1級建築士のいる第三者機関に電話で相談してみるといいでしょう」(住宅診断を行う「さくら事務所」広報担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  3. 3

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  4. 4

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  9. 9

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  10. 10

    1歳年下フジテレビ社員の彼が“観劇デート”後の車中で…

もっと見る