もしや部下の自分も…? 「上司の嫌悪感」はここで見破れる

公開日:  更新日:

 うっかり嫌われている人もいるはずだ─―。

 リクルート「R25」編集部が、部下のいる30~40代の男性社員200人に「嫌いな部下はいますか?」とアンケート調査したところ、55.5%が「いる」と答えたという。半分以上である。

 知らないうちに上司に嫌われ、意地悪や左遷を受けてはたまらない。上司はどんなタイプの部下を嫌うのか。ビジネス術に詳しい心理学博士の鈴木丈織氏が言う。

「一番嫌われるのが上司の指示に“本当にそれでいいんですか”と念押しするタイプ。本人は確認のために言ってるつもりでも、上司は“あんたは間違っている”と反発されたと受け取ります。もうひとつは無反応。上司が説明しているのに“はい”も“分かりました”も言わない。上司は“こいつ理解してるのか?”と困惑してストレスを高め、最後に腹を立ててしまいます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  3. 3

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  4. 4

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  9. 9

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  10. 10

    1歳年下フジテレビ社員の彼が“観劇デート”後の車中で…

もっと見る