育成の達人伝授 「部下のイラッとする一言」をたしなめるコツ

公開日:  更新日:

 新年度がスタートして2カ月。新しい部署のメンバーも固まり、仕事の引き継ぎも済んだはず。その一方で、なぜかムカつく人の本性が見えてくるのもこの時期だ。イラッとさせる部下の一言、うまくたしなめることができないか。2万人の部下を育てた実績があるSBIモーゲージ・元取締役執行役員常務の横山信治氏に聞いた。

■カタカナ語を使いたがる

「先日の企画会議、どう思った? 俺は、おおむねアグリーなんだけど、バジェットの詰めが甘いと思ってさ。エーエスエーピーでブラッシュアップしないと、オンスケでスタートできないよ」

 どうやら、「企画の中身はおおむね賛成だが、予算の詰めが甘い。なるべく早くその点を磨き上げないと、時間通りスタートできない」と言いたいらしいが、その話しぶりを聞いた同僚はカチン。英単語に置き換え、デキる男を装っているのかもしれないが、「ASAP(as soon as possibleの略で、なるべく早く)」を日本語に組み込んで、「エーエス……」と言われても何語か分からない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

もっと見る