育成の達人伝授 「部下のイラッとする一言」をたしなめるコツ

公開日:  更新日:

 新年度がスタートして2カ月。新しい部署のメンバーも固まり、仕事の引き継ぎも済んだはず。その一方で、なぜかムカつく人の本性が見えてくるのもこの時期だ。イラッとさせる部下の一言、うまくたしなめることができないか。2万人の部下を育てた実績があるSBIモーゲージ・元取締役執行役員常務の横山信治氏に聞いた。

■カタカナ語を使いたがる

「先日の企画会議、どう思った? 俺は、おおむねアグリーなんだけど、バジェットの詰めが甘いと思ってさ。エーエスエーピーでブラッシュアップしないと、オンスケでスタートできないよ」

 どうやら、「企画の中身はおおむね賛成だが、予算の詰めが甘い。なるべく早くその点を磨き上げないと、時間通りスタートできない」と言いたいらしいが、その話しぶりを聞いた同僚はカチン。英単語に置き換え、デキる男を装っているのかもしれないが、「ASAP(as soon as possibleの略で、なるべく早く)」を日本語に組み込んで、「エーエス……」と言われても何語か分からない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  9. 9

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  10. 10

    NHK紅白なのに“特別枠”ばかり 平成最後はご都合主義の極み

もっと見る