育成の達人伝授 「部下のイラッとする一言」をたしなめるコツ

公開日: 更新日:

 新年度がスタートして2カ月。新しい部署のメンバーも固まり、仕事の引き継ぎも済んだはず。その一方で、なぜかムカつく人の本性が見えてくるのもこの時期だ。イラッとさせる部下の一言、うまくたしなめることができないか。2万人の部下を育てた実績があるSBIモーゲージ・元取締役執行役員常務の横山信治氏に聞いた。

■カタカナ語を使いたがる

「先日の企画会議、どう思った? 俺は、おおむねアグリーなんだけど、バジェットの詰めが甘いと思ってさ。エーエスエーピーでブラッシュアップしないと、オンスケでスタートできないよ」

 どうやら、「企画の中身はおおむね賛成だが、予算の詰めが甘い。なるべく早くその点を磨き上げないと、時間通りスタートできない」と言いたいらしいが、その話しぶりを聞いた同僚はカチン。英単語に置き換え、デキる男を装っているのかもしれないが、「ASAP(as soon as possibleの略で、なるべく早く)」を日本語に組み込んで、「エーエス……」と言われても何語か分からない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  4. 4

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  5. 5

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  6. 6

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  7. 7

    傲慢マッチ処分の裏側…“育ての親”メリー氏が苦渋の選択

  8. 8

    みのもんた“後妻業の女”に手切れ金1.5億円 終活との関係は

  9. 9

    タッキー副社長の評価急上昇 リストラに新事業に獅子奮迅

  10. 10

    ジャニーズ大みそかネット重視の戦略と商魂 紅白眼中なし

もっと見る