中年男性に急増 知っておきたい「嫉妬深い人々」の傾向と対策

公開日:  更新日:

 会社、隣近所、学校……。人が集まる所には嫉妬が渦巻く。毎日顔を合わせて挨拶する同僚が、いつも幸せそうなあなたを妬み、陰でアナタの悪口を言いふらす張本人だった――な~んてことは、珍しくない。「なんでオレよりもアイツが……」という思いが、次第に膨らみ、暴発して標的を突き刺すのだ。

 嫉妬。ある国語辞典で「嫉む」は「自分よりまさっているのをうらみ憎む」こと、「妬む」は「他人の優れた点に引け目を感じたり、人に先を越されたりしてうらやみ憎む」こととある。どっちも女へんが付く。やはり、女性が抱きやすい感情なのか。精神科医で、先ごろ「嫉妬をとめられない人」(小学館新書)を上梓した片田珠美氏が言う。

「とんでもありません。女の嫉妬などかわいいもの。同級生が自分のダンナよりエリートと結婚したとか、彼女の方がいいバッグを持ってるとか、その程度。でも、男の場合は違います。私自身、医者という男社会で、どれほど多くの嫉妬の現場を見てきたことか。彼らは同期の出世や高給を妬み、時として感情をむき出しにする。プライドが高いから嫉妬の女々しさを抑え込んでいた分、爆発した時に陰湿になる。怪文書や誹謗中傷のメールなどで足を引っ張ることもありますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

もっと見る