若手不足で大流行 中途「ポテンシャル採用」成功への面接術

公開日:  更新日:

 リーマン・ショックで新卒採用を絞ったため、企業は若手が不足。そこに東京五輪を見据えた建設ラッシュや中国人の爆買いなども重なって、人手不足感が強まっている。そのため、即戦力を求める中途採用でも、ポテンシャルを見込んで業界未経験の30代を採用するケースが相次いでいる。

 保険営業のKさん(52)は昨年、食品業界出身の男性(34)を中途採用した。畑は違うが、営業一筋。法人も個人もこなし、面接でのセールストークは滑らか。「生活に密接する食品業界はやりがいがあるが、収入が低い。営業経験を生かし、金融分野でステップアップしたい」という熱意を買ったという。

「ウチの営業は、新規顧客の開拓がメーンの仕事で、彼なら金融知識が少々足りなくても、トークでカバーできると思ったのです。それに、早稲田出身で、友達つき合いもいいらしい。友人を足掛かりに契約を広げていけばいいと思ったのです」 ところが、友人に「別の保険に入っている」と逃げられると、資料の説明をなぞるだけで、相手に合わせた説明ができなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  6. 6

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  9. 9

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  10. 10

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

もっと見る