若手不足で大流行 中途「ポテンシャル採用」成功への面接術

公開日: 更新日:

 リーマン・ショックで新卒採用を絞ったため、企業は若手が不足。そこに東京五輪を見据えた建設ラッシュや中国人の爆買いなども重なって、人手不足感が強まっている。そのため、即戦力を求める中途採用でも、ポテンシャルを見込んで業界未経験の30代を採用するケースが相次いでいる。

 保険営業のKさん(52)は昨年、食品業界出身の男性(34)を中途採用した。畑は違うが、営業一筋。法人も個人もこなし、面接でのセールストークは滑らか。「生活に密接する食品業界はやりがいがあるが、収入が低い。営業経験を生かし、金融分野でステップアップしたい」という熱意を買ったという。

「ウチの営業は、新規顧客の開拓がメーンの仕事で、彼なら金融知識が少々足りなくても、トークでカバーできると思ったのです。それに、早稲田出身で、友達つき合いもいいらしい。友人を足掛かりに契約を広げていけばいいと思ったのです」 ところが、友人に「別の保険に入っている」と逃げられると、資料の説明をなぞるだけで、相手に合わせた説明ができなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    甘利幹事長がNHK「日曜討論」で上から目線&根拠不明発言連発! 自民議員は「票が減る!」と悲鳴

    甘利幹事長がNHK「日曜討論」で上から目線&根拠不明発言連発! 自民議員は「票が減る!」と悲鳴

  2. 2
    小室圭さん母子の金銭トラブルでスポーツ紙の誤報を垂れ流す「ゴゴスマ」に疑問

    小室圭さん母子の金銭トラブルでスポーツ紙の誤報を垂れ流す「ゴゴスマ」に疑問

  3. 3
    東出昌大"飼い殺し"で引退危機…ハーフ美女「呼び寄せ愛」の重すぎる代償

    東出昌大"飼い殺し"で引退危機…ハーフ美女「呼び寄せ愛」の重すぎる代償

  4. 4
    巨人非情の「主力大減俸リスト」 V逸&泥沼10連敗で億万長者選手に迫る“厳冬オフ”

    巨人非情の「主力大減俸リスト」 V逸&泥沼10連敗で億万長者選手に迫る“厳冬オフ”

  5. 5
    巨人痛恨の連敗で7.5差、事実上の“終戦”に…今オフ狙われるのは菅野よりこの男!

    巨人痛恨の連敗で7.5差、事実上の“終戦”に…今オフ狙われるのは菅野よりこの男!

もっと見る

  1. 6
    群馬の「暴威」は手の付けられない不良だった

    群馬の「暴威」は手の付けられない不良だった

  2. 7
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

  3. 8
    日本ハム“ポスト栗山”に浮上する「意外な3人」の名前 最有力候補の稲葉篤紀氏には障壁が

    日本ハム“ポスト栗山”に浮上する「意外な3人」の名前 最有力候補の稲葉篤紀氏には障壁が

  4. 9
    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

  5. 10
    元巨人“代走のスペシャリスト”鈴木尚広さんが東京・世田谷で農業に夢中なワケ

    元巨人“代走のスペシャリスト”鈴木尚広さんが東京・世田谷で農業に夢中なワケ