企業も積極採用…いま「シングルマザー」がなぜ人気急上昇?

公開日:  更新日:

 シングルマザーを応援します――。慢性的な働き手不足もあり、スーパーの募集チラシなどでも「シングルマザー大歓迎」の文字が目立つようになってきた。かつては子育てで通常勤務が困難として低賃金・不安定雇用の代名詞だった子持ち女性にいま、追い風が吹いているようだ。

 子供を育てながら働くシングルマザーに“熱い視線”を向けているのは、総合レジャー企業「シティコミュニケーションズ」(本社・横浜市)。6日に新規オープンするグループ会社のパチンコ店「ザシティベルシティ篠崎店」(江戸川区)で、シングルマザーを積極採用した。

「シングルマザーを採用している理由は、ひとつには社会貢献であり、もうひとつには若い女性社員への好影響を期待しての部分です。当社は従業員の女性比率が高く、シングルマザーでも働き続けられる環境は、女性の士気を高める上でも効果的です。産休や育休制度を充実させて女性を永続雇用する企業は多くなっていますが、まだまだ採用の段階でシングルマザーを優遇する企業は少ないですから」(シティコミュニケーションズ広報担当・坂本真一氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る