• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

企業も積極採用…いま「シングルマザー」がなぜ人気急上昇?

 シングルマザーを応援します――。慢性的な働き手不足もあり、スーパーの募集チラシなどでも「シングルマザー大歓迎」の文字が目立つようになってきた。かつては子育てで通常勤務が困難として低賃金・不安定雇用の代名詞だった子持ち女性にいま、追い風が吹いているようだ。

 子供を育てながら働くシングルマザーに“熱い視線”を向けているのは、総合レジャー企業「シティコミュニケーションズ」(本社・横浜市)。6日に新規オープンするグループ会社のパチンコ店「ザシティベルシティ篠崎店」(江戸川区)で、シングルマザーを積極採用した。

「シングルマザーを採用している理由は、ひとつには社会貢献であり、もうひとつには若い女性社員への好影響を期待しての部分です。当社は従業員の女性比率が高く、シングルマザーでも働き続けられる環境は、女性の士気を高める上でも効果的です。産休や育休制度を充実させて女性を永続雇用する企業は多くなっていますが、まだまだ採用の段階でシングルマザーを優遇する企業は少ないですから」(シティコミュニケーションズ広報担当・坂本真一氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  6. 6

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る