企業も積極採用…いま「シングルマザー」がなぜ人気急上昇?

公開日:  更新日:

 シングルマザーを応援します――。慢性的な働き手不足もあり、スーパーの募集チラシなどでも「シングルマザー大歓迎」の文字が目立つようになってきた。かつては子育てで通常勤務が困難として低賃金・不安定雇用の代名詞だった子持ち女性にいま、追い風が吹いているようだ。

 子供を育てながら働くシングルマザーに“熱い視線”を向けているのは、総合レジャー企業「シティコミュニケーションズ」(本社・横浜市)。6日に新規オープンするグループ会社のパチンコ店「ザシティベルシティ篠崎店」(江戸川区)で、シングルマザーを積極採用した。

「シングルマザーを採用している理由は、ひとつには社会貢献であり、もうひとつには若い女性社員への好影響を期待しての部分です。当社は従業員の女性比率が高く、シングルマザーでも働き続けられる環境は、女性の士気を高める上でも効果的です。産休や育休制度を充実させて女性を永続雇用する企業は多くなっていますが、まだまだ採用の段階でシングルマザーを優遇する企業は少ないですから」(シティコミュニケーションズ広報担当・坂本真一氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  4. 4

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  5. 5

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  10. 10

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

もっと見る