企業も積極採用…いま「シングルマザー」がなぜ人気急上昇?

公開日:  更新日:

 シングルマザーを応援します――。慢性的な働き手不足もあり、スーパーの募集チラシなどでも「シングルマザー大歓迎」の文字が目立つようになってきた。かつては子育てで通常勤務が困難として低賃金・不安定雇用の代名詞だった子持ち女性にいま、追い風が吹いているようだ。

 子供を育てながら働くシングルマザーに“熱い視線”を向けているのは、総合レジャー企業「シティコミュニケーションズ」(本社・横浜市)。6日に新規オープンするグループ会社のパチンコ店「ザシティベルシティ篠崎店」(江戸川区)で、シングルマザーを積極採用した。

「シングルマザーを採用している理由は、ひとつには社会貢献であり、もうひとつには若い女性社員への好影響を期待しての部分です。当社は従業員の女性比率が高く、シングルマザーでも働き続けられる環境は、女性の士気を高める上でも効果的です。産休や育休制度を充実させて女性を永続雇用する企業は多くなっていますが、まだまだ採用の段階でシングルマザーを優遇する企業は少ないですから」(シティコミュニケーションズ広報担当・坂本真一氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  9. 9

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  10. 10

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

もっと見る