企業も積極採用…いま「シングルマザー」がなぜ人気急上昇?

公開日: 更新日:

 シングルマザーを応援します――。慢性的な働き手不足もあり、スーパーの募集チラシなどでも「シングルマザー大歓迎」の文字が目立つようになってきた。かつては子育てで通常勤務が困難として低賃金・不安定雇用の代名詞だった子持ち女性にいま、追い風が吹いているようだ。

 子供を育てながら働くシングルマザーに“熱い視線”を向けているのは、総合レジャー企業「シティコミュニケーションズ」(本社・横浜市)。6日に新規オープンするグループ会社のパチンコ店「ザシティベルシティ篠崎店」(江戸川区)で、シングルマザーを積極採用した。

「シングルマザーを採用している理由は、ひとつには社会貢献であり、もうひとつには若い女性社員への好影響を期待しての部分です。当社は従業員の女性比率が高く、シングルマザーでも働き続けられる環境は、女性の士気を高める上でも効果的です。産休や育休制度を充実させて女性を永続雇用する企業は多くなっていますが、まだまだ採用の段階でシングルマザーを優遇する企業は少ないですから」(シティコミュニケーションズ広報担当・坂本真一氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  4. 4

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  5. 5

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  6. 6

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  7. 7

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  8. 8

    “東京進出組”2人のMC 石井亮次にあって宮根誠司にないもの

  9. 9

    阪神藤浪を殺す梅野の怯懦 巨人相手に5回まで1失点も3連敗

  10. 10

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

もっと見る