• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

心理学者が指摘 厚労省「ストレスチェック」は役立たず

 1日、企業が社員のストレスの度合いを測る「ストレスチェック」が始まった。厚労省が推進した制度で、従業員50人以上の会社に年に最低1回の調査を義務付ける。

 方法は産業医や保健師が作成した質問項目表を社員に配る。産業医がいない会社は民間の調査会社の質問表を使う。社員が「時間内に仕事が処理しきれない」「イライラしている」などの項目にチェックを入れ、高ストレス者は産業医や町の心療内科との面談を勧められる。

「うつ病や統合失調症などのメンタルヘルス不調を予防するための制度です。誰が高ストレスかは医師以外の他人に知られないようにします」(厚労省労働基準局安全衛生部)

 精神疾患が心配なサラリーマンにとって理想的な救済のように思えるが、実は問題点も多い。

「ウソの自己申告をする人が出るからです」と指摘するのは心理学博士の鈴木丈織氏だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  7. 7

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  8. 8

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る