心理学者が指摘 厚労省「ストレスチェック」は役立たず

公開日:  更新日:

 1日、企業が社員のストレスの度合いを測る「ストレスチェック」が始まった。厚労省が推進した制度で、従業員50人以上の会社に年に最低1回の調査を義務付ける。

 方法は産業医や保健師が作成した質問項目表を社員に配る。産業医がいない会社は民間の調査会社の質問表を使う。社員が「時間内に仕事が処理しきれない」「イライラしている」などの項目にチェックを入れ、高ストレス者は産業医や町の心療内科との面談を勧められる。

「うつ病や統合失調症などのメンタルヘルス不調を予防するための制度です。誰が高ストレスかは医師以外の他人に知られないようにします」(厚労省労働基準局安全衛生部)

 精神疾患が心配なサラリーマンにとって理想的な救済のように思えるが、実は問題点も多い。

「ウソの自己申告をする人が出るからです」と指摘するのは心理学博士の鈴木丈織氏だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る