米研究ではっきり 「TV3時間以上」で記憶力は低下する

公開日:  更新日:

「テレビばかり見てるとバカになるぞ」─―。子供のころ、親にそう言われた人もいるだろう。実は米国の研究によって、この教訓が正しいことが判明した。

 カリフォルニア大などの2人の研究者が1985年から25年間にわたって、18~30歳の男女3247人を調査。このうち1日にテレビを3時間以上見てきた353人を調べたところ、認知症テストや言語記憶テストなど3種類のテストでそれ以外の被験者より記憶力が大きく劣っていたのだ。

 3時間以上テレビを見ている人のうち、ほとんど運動しない人はさらに能力が低く、3種類すべてのテストでそれ以外の人に比べて記憶力が半分程度だったという。テレビが若者をバカにすることがハッキリしたわけだ。なぜこうなるのか。

「原因のひとつが動脈硬化です」とは医学博士で作家の左門新氏だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  3. 3

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  4. 4

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

もっと見る