建築アナリストが案内 東京五輪関連の「名建築」を歩く

公開日: 更新日:

 新国立競技場の計画見直し、傾斜マンション問題など建築界が世間を騒がせた2015年。キールアーチなどの用語を耳にして建築に興味を覚えた人も多いはずだ。建築アナリスト・森山高至氏が東京オリンピックにちなんだ名建築を案内する。

 東京メトロ副都心線「雑司が谷駅」を降り、目白通りを歩くこと10分余り。結婚式場として有名な椿山荘の真向かいに、ユニークな建物が見えてきます。東京カテドラル聖マリア大聖堂。戦後日本を代表する建築家、丹下健三(1913~2005年)の作品です。

 丹下の名を世界に知らしめたのが1964年竣工の国立代々木競技場。前回の東京五輪に続き、2020年も使われる施設のひとつです。予算不足で完成が危ぶまれ、丹下は大蔵相だった田中角栄に直談判。“今太閤の鶴の一声”で予算が増額されたといいます。

 この日本モダニズムの最高峰と称される名建築と同じ年に誕生した大聖堂も負けず劣らず、傑作中の傑作。HPシェルという当時は最先端の構造技術を駆使した外観の曲線美。中に入ると、柱や梁は一切ない。天井高最高40メートルの大空間は外から想像もつかないほどの開放感です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  3. 3

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  4. 4

    47都道府県の1日新規感染を“東京換算” 浮かび上がる深刻さ

  5. 5

    近藤春菜”レギュラーゼロ“にならず 土俵際で見せた粘り腰

  6. 6

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    「総辞職は時間の問題」という声も 虚ろな首相はもう限界

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    巨人OBも危惧「救援防御率」セ最下位でよぎる4年前の悪夢

もっと見る