公募条件にゼネコン及び腰…新国立“第2章”早くも頓挫危機

公開日:  更新日:

「もう絶望的だ」なんてささやかれ始めている。スッタモンダの末、白紙撤回された新国立競技場問題。今月1日から「工費上限1550億円」の新たな整備事業の公募が始まったが、「応募者は2、3人だろう」と指摘する声も。締め切りは今週18日と待ったなし。新国立“第2章”も頓挫しかねない状況なのだ。

 何でも新しい公募の条件が“ネック”になっているらしい。

 今回は「国際的に著名な建築賞の受賞」という条件が外され、若手でも応募しやすくなったように思えるが、違う。新たに加わった「ゼネコンとチームを組む」、それも「1社あたり1案限定」という条件が応募を阻んでいるのだ。

 公募に最も前向きなのは大手ゼネコンの大成建設とされるが、新国立競技場問題に詳しい建築エコノミストの森山高至氏は「このままでは応募者は2、3人しか集まらないと危ぶまれています」と、こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る