• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

IS指導者が声明…海外の“年末年始テロ”要注意エリアは?

 出国ラッシュで各地の空港がゴッタ返しているが、年末年始の海外ステイはテロの恐怖と隣り合わせだ。イスラム国指導者のバグダディが音声声明を出してイスラエル攻撃を示唆し、支持者にテロを呼びかけている。この1週間あまりの間に、テロ容疑でインドネシアで9人が拘束、2人が逮捕された。容疑者らは「警察や外国人が集まる場所を狙っていた」と供述しているという。豪州でも2人が拘束、フランスでは4人が逮捕された。どこが危ないのか。

「イスラム国掃討を主導する米英仏をはじめとする欧米はもちろんですが、イスラム教徒が多いインドネシアやマレーシアはリスクが高い。意外に危ないのが中国の北京です。今年11月までの統計によると、トルコ経由でイスラム国を目指し、拘束された900人のうち300人が中国人で、最多民族の漢族が大半だったのです。中国では習近平が独裁体制を強め、不満が蔓延している。彼らが母国に戻ってホームグロウンテロリスト化している可能性は非常に高い」(軍事評論家の神浦元彰氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  3. 3

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  4. 4

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  5. 5

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  6. 6

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  7. 7

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  8. 8

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る