話題の春画展へ<目白 永青文庫>

公開日:  更新日:

 話題沸騰の春画展(12月23日まで)。私が出かけたのは、開催前日。縁があって一足先に見る機会を設けていただき、鑑賞しに出かけた。

 目白駅に着いたのは、指定された時間の5分前。会場である「永青文庫」まで急ぎ足で向かったが、目印の「目白台三丁目バス停」まで結構かかりそうだ。途中で焦りを捨てて、町歩きに気持ちを切り替えた。

 学習院大学はここ最近、繰り返して読んだ小説「早稲女、女、男」(柚木麻子著)に出てくるので、中に入ったこともないのに、勝手に親近感を抱いている。都心の中とは思えない、木々が生い茂った静謐な空間。おっとりした学生さんたち。実際は、イメージ通りの学習院大学卒業生に会ったことはないが……。せっかくだから、学習院大学の中を散歩しようかと思ったが、期待を打ち砕かれたくなく、通り過ぎる。

 雑司が谷駅付近で、横道にそれる。古い家や古い商店街がある。「古い」といえば、永青文庫までの途中の道に、建物は古くてかっこいいが、中身は意外に普通の店があった。学習院大学に抱いた気持ちのように、「○○○だろう」と思っていると、しっぺ返しを食らうことが多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  8. 8

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  9. 9

    広島1位・小園海斗の成長に一役…父語る400万円の秘密兵器

  10. 10

    歴史は繰り返す 「分断か共生か」の対立が招く3度目の大戦

もっと見る