• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

話題の春画展へ<目白 永青文庫>

 話題沸騰の春画展(12月23日まで)。私が出かけたのは、開催前日。縁があって一足先に見る機会を設けていただき、鑑賞しに出かけた。

 目白駅に着いたのは、指定された時間の5分前。会場である「永青文庫」まで急ぎ足で向かったが、目印の「目白台三丁目バス停」まで結構かかりそうだ。途中で焦りを捨てて、町歩きに気持ちを切り替えた。

 学習院大学はここ最近、繰り返して読んだ小説「早稲女、女、男」(柚木麻子著)に出てくるので、中に入ったこともないのに、勝手に親近感を抱いている。都心の中とは思えない、木々が生い茂った静謐な空間。おっとりした学生さんたち。実際は、イメージ通りの学習院大学卒業生に会ったことはないが……。せっかくだから、学習院大学の中を散歩しようかと思ったが、期待を打ち砕かれたくなく、通り過ぎる。

 雑司が谷駅付近で、横道にそれる。古い家や古い商店街がある。「古い」といえば、永青文庫までの途中の道に、建物は古くてかっこいいが、中身は意外に普通の店があった。学習院大学に抱いた気持ちのように、「○○○だろう」と思っていると、しっぺ返しを食らうことが多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  7. 7

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  8. 8

    「ボラ申し込まなければいい」発言 IOCコーツの正体とカネ

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

もっと見る