真っ赤な紅葉がキラキラ<大山>

公開日:  更新日:

 江戸時代、信仰と行楽を兼ねて関東一円から庶民がこぞって訪れたのが神奈川県の「大山」だ。「大山詣で」といわれたらしい。箱根に続き、紅葉見物を兼ねて出かけてきた。

 伊勢原駅から出発するバスに乗るまで約45分、大山ケーブルカーに乗るまで約1時間20分……。バスはともかく、ケーブルカーはとても待ってはいられないと、歩いて登ることにした。考えてみれば、江戸時代にはバスもケーブルカーもなかった。

 女坂と男坂が選べる。選択したのは、少しでも楽そうな前者。すぐに真っ赤な紅葉に出合えた。太陽の光が当たり、キラキラして見える。途中の大山寺で紅葉に見とれていると、「ワーッ」と歓声が聞こえた。

 そこには、鹿。野生なのだろうが、観光客に慣れているようで、近づいても逃げようとせず、悠々としている。草をはむ鹿とバッタリなんて、ケーブルカーを選ばなくてよかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る