真っ赤な紅葉がキラキラ<大山>

公開日:  更新日:

 江戸時代、信仰と行楽を兼ねて関東一円から庶民がこぞって訪れたのが神奈川県の「大山」だ。「大山詣で」といわれたらしい。箱根に続き、紅葉見物を兼ねて出かけてきた。

 伊勢原駅から出発するバスに乗るまで約45分、大山ケーブルカーに乗るまで約1時間20分……。バスはともかく、ケーブルカーはとても待ってはいられないと、歩いて登ることにした。考えてみれば、江戸時代にはバスもケーブルカーもなかった。

 女坂と男坂が選べる。選択したのは、少しでも楽そうな前者。すぐに真っ赤な紅葉に出合えた。太陽の光が当たり、キラキラして見える。途中の大山寺で紅葉に見とれていると、「ワーッ」と歓声が聞こえた。

 そこには、鹿。野生なのだろうが、観光客に慣れているようで、近づいても逃げようとせず、悠々としている。草をはむ鹿とバッタリなんて、ケーブルカーを選ばなくてよかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  5. 5

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  6. 6

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  7. 7

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  8. 8

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  9. 9

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る