• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

真っ赤な紅葉がキラキラ<大山>

 江戸時代、信仰と行楽を兼ねて関東一円から庶民がこぞって訪れたのが神奈川県の「大山」だ。「大山詣で」といわれたらしい。箱根に続き、紅葉見物を兼ねて出かけてきた。

 伊勢原駅から出発するバスに乗るまで約45分、大山ケーブルカーに乗るまで約1時間20分……。バスはともかく、ケーブルカーはとても待ってはいられないと、歩いて登ることにした。考えてみれば、江戸時代にはバスもケーブルカーもなかった。

 女坂と男坂が選べる。選択したのは、少しでも楽そうな前者。すぐに真っ赤な紅葉に出合えた。太陽の光が当たり、キラキラして見える。途中の大山寺で紅葉に見とれていると、「ワーッ」と歓声が聞こえた。

 そこには、鹿。野生なのだろうが、観光客に慣れているようで、近づいても逃げようとせず、悠々としている。草をはむ鹿とバッタリなんて、ケーブルカーを選ばなくてよかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

  4. 4

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  5. 5

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  6. 6

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  7. 7

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  8. 8

    X JAPAN・ToshI バラエティーで引っ張りだこの意外な理由

  9. 9

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  10. 10

    マキタスポーツらFA成功も…お笑い芸人に大淘汰時代の到来

もっと見る