野良猫に餌やりで損害賠償 アウトの境界線を弁護士にきいた

公開日:  更新日:

 猫好きには他人事ではない――。

 福岡県で野良猫の餌やりをしていた女性が55万円の損害賠償を支払う旨の判決を受けた。女性は2013年5月ごろから同年12月ごろまで、自宅玄関前に餌を置くなどして複数の野良猫に餌やりを続けたという。

「隣家の庭が猫の排泄などで汚れ、庭の砂利の入れ替えをせざるを得なくなったのです。6月ごろに保健所が餌やりをやめるよう指導したが、中止しなかったため、隣家の住人が160万円の賠償を求めて提訴。今回の判決が下りました」(地元関係者)

 猫が居ついたため、近隣住民の生活環境を害したというのが判決の理由だが、腹を空かせた野良猫を見かけると餌をあげたくなるのは猫好きの人情。どこまでやったら賠償の対象になるのか。元検事で弁護士の落合洋司氏に聞いた。

「人には尊厳を持って穏やかに暮らす人格権という権利があります。近隣住民が猫の排泄や鳴き声が気になって受忍限度を超えたとみなされた場合、人格権を侵害されたとして、餌やりをした人が責任を問われる可能性が出てきます。具体的には1、2匹に餌やりをしたくらいではセーフかもしれませんが、10匹や20匹が集まる状況だと責任が降りかかってくる恐れがあります。東京・荒川区などは、条例で野良猫への餌やりが禁じられているので、とくに注意が必要です」

 何事もやり過ぎは危ないということだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

  9. 9

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  10. 10

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

もっと見る