歌舞伎役者の片岡愛之助もハマった!シチューの名店「エルベ」

公開日:  更新日:

 2013年の連ドラ「半沢直樹」、今年は大河ドラマ「真田丸」に出演するなど、最近はテレビでの活躍も目立つ歌舞伎俳優の片岡愛之助(44)。日々数多くの舞台をこなし、幅広く活躍する、そのスタミナ源ともいえるのが大好物のビーフシチューだ。「エルベ」は愛之助が長年ひいきにしている洋食店。歌舞伎座のそばの静かな裏通りにある、近隣ではよく知られたシチューの名店だ。

 歌舞伎界御用達の店としても有名で、公演期間中は楽屋から出前の注文も多いのだそう。舌の肥えた役者たちをとりこにするのは4日間かけて完成させるというデミグラスソースだ。

「日本人の口に合う“和風のシチュー”を追求してきた」と話すのは、オーナーシェフの髙本倹さん。

「大きなずんどうに大量の素材を入れ、煮込むこと4日間。何度も火を入れては寝かせ、コクを引き出す一方で、肉から出る脂はその都度、取り除いています。隠し味にはワインではなく、日本酒を使用。先代から引き継いだ “ご飯に合うシチュー”を、ぜひ楽しんでいただきたいですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る