• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

受診したら逮捕? 「麻薬専門病棟」で行われる治療の中身

治療・入院はすべて保険適用

 薬物に溺れている人は逮捕されたASKA容疑者に限らず、日本中にあふれている。警察庁によると13年の覚醒剤の検挙件数は1万5232件(検挙人数は1万909人)。薬物依存者数の統計はないが、国立精神・神経医療研究センターの推計では大麻は人口の1.4%、覚醒剤が0.3%。つまり、大麻は約180万人、覚醒剤は約38万人が経験ありという計算だ。

 ASKAに続いて、「次は自分も…」と怯えている人も相当多そうだが、適切な治療でクスリを断ち切れるケースもある。国内の麻薬専門病院では、一体どんな治療が行われているのか。1963年、日本で最初に麻薬治療を始めた神奈川県立精神医療センター「せりがや病院」(横浜市港南区)の川副泰成院長がこう言う。

「まず最初に伝えたいのは、指名手配犯を除き、薬物依存から脱したい患者を当院が警察に通報することは一切ないということです。それは他の専門病院も同様です。また、治療費は一般病院と同じで健康保険が適用できます。入院する場合は、基本的に1カ月ほどかけて依存症治療プログラムを行いますが、その後は週1回程度の頻度で通院してもらい、集団認知行動療法などを行います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る