あえてソースで勝負 ファミマ「こだわりカレー」誕生秘話

公開日: 更新日:

 具材感のないシンプルなカレーがうまいと評判だ。ファミリーマートのカレー弁当「こだわりカレー」は、300円を切る価格帯(税込み298円)ながらボリューム感があり、本格志向の味で支持を獲得。入れ替わりの早い弁当ジャンルにおいて、しっかりと固定ファンをつかんで隠れたヒット商品になっている。

 食べてみれば、なるほどスパイシーで本格派。カレーライスは家庭でもよく食べられるメニューだが、狙ったのは大人世代。あえて、ちょっと辛口にしたのも人気の理由である。

 発売は2007年。当時、コンビニの弁当といえば400円前後が主力で、300円を切る商品はどちらかというと併売を前提としたもの。いわゆるミニ弁的なものが多かった。

「価格かボリュームかの選択。国民食であるカレーライスを開発するにあたって、まずそこに疑問を持ったのが始まり。だったら、300円を切る価格帯でボリューム感もきちんとあるカレーライスを作ろうとなった」(商品本部デリカ食品部の高倉一真氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  3. 3

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  4. 4

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  5. 5

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  6. 6

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

  7. 7

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  8. 8

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  9. 9

    TV界席巻した織田無道さん 余命1年と言われた末期がん告白

  10. 10

    軟弱地盤も…不動産高価格の東京都心・西側に浸水の可能性

もっと見る