ミツカン納豆「金のつぶ」 “新参者”こその思い切りで活路

公開日: 更新日:

 やわらかい食感と便利な容器で人気の「パキッ!とたれとろっ豆」をはじめ、バラエティー豊かなラインアップを揃える「金のつぶ」シリーズは納豆の革命児。1998年の誕生以来、画期的な商品開発でヒットを続けている。

 食酢大手のミツカンが本格的に納豆市場に参入したのは97年のこと。酢の発酵技術を応用して開発を進め、翌98年「金のつぶ」が誕生する。競合ひしめく中、2000年に「ほね元気」「におわなっとう」を発売すると大反響。一気にヒット商品の仲間入りを果たす。勝因は斬新な切り口だ。トクホ商品「ほね元気」は納豆をよく食べる地域の人は骨が丈夫といわれている点に着目し、「におわなっとう」は納豆独特のにおいが気になるという声を受けて開発した。

「納豆菌の革命。新参者だから思い切ってチャレンジできた」(MD本部製品企画部の本城健介氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    工藤静香はいい迷惑?渡辺美奈代に絶賛コメント急増のウラ

  3. 3

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  4. 4

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  5. 5

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  6. 6

    「山崎55年」は300万円 ウイスキー資産価値が高騰の可能性

  7. 7

    黒川氏「訓告」は官邸意向 退職金6700万円は“口止め料”か

  8. 8

    安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき

  9. 9

    検察は結局、黒川氏のスキャンダルを利用して独立を守った

  10. 10

    阪神藤浪に復活の予感 “自虐メール”にメンタル成長の片鱗

もっと見る