ミツカン納豆「金のつぶ」 “新参者”こその思い切りで活路

公開日:  更新日:

 やわらかい食感と便利な容器で人気の「パキッ!とたれとろっ豆」をはじめ、バラエティー豊かなラインアップを揃える「金のつぶ」シリーズは納豆の革命児。1998年の誕生以来、画期的な商品開発でヒットを続けている。

 食酢大手のミツカンが本格的に納豆市場に参入したのは97年のこと。酢の発酵技術を応用して開発を進め、翌98年「金のつぶ」が誕生する。競合ひしめく中、2000年に「ほね元気」「におわなっとう」を発売すると大反響。一気にヒット商品の仲間入りを果たす。勝因は斬新な切り口だ。トクホ商品「ほね元気」は納豆をよく食べる地域の人は骨が丈夫といわれている点に着目し、「におわなっとう」は納豆独特のにおいが気になるという声を受けて開発した。

「納豆菌の革命。新参者だから思い切ってチャレンジできた」(MD本部製品企画部の本城健介氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    日ハム残留希望も…レアードを巨人・楽天・ソフトBが狙う

  10. 10

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

もっと見る