• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ミツカン納豆「金のつぶ」 “新参者”こその思い切りで活路

 やわらかい食感と便利な容器で人気の「パキッ!とたれとろっ豆」をはじめ、バラエティー豊かなラインアップを揃える「金のつぶ」シリーズは納豆の革命児。1998年の誕生以来、画期的な商品開発でヒットを続けている。

 食酢大手のミツカンが本格的に納豆市場に参入したのは97年のこと。酢の発酵技術を応用して開発を進め、翌98年「金のつぶ」が誕生する。競合ひしめく中、2000年に「ほね元気」「におわなっとう」を発売すると大反響。一気にヒット商品の仲間入りを果たす。勝因は斬新な切り口だ。トクホ商品「ほね元気」は納豆をよく食べる地域の人は骨が丈夫といわれている点に着目し、「におわなっとう」は納豆独特のにおいが気になるという声を受けて開発した。

「納豆菌の革命。新参者だから思い切ってチャレンジできた」(MD本部製品企画部の本城健介氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  4. 4

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  5. 5

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る