• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

トクホコーラが契機 今や「キリンメッツ」は超世代飲料に

 キリンビバレッジの炭酸飲料「キリンメッツ」が再ブレーク中だ。昨年は、レギュラーのフルーツ系炭酸を大々的にリニューアル。新シリーズの「メッツプラス」とトクホ飲料「メッツコーラ」も好調で、販売数量は対前年比で247%を達成。ブランドとして初の大台突破となる1480万ケースを売り上げた。

 はじまりはグレープフルーツ味。「キリンメッツ」は1979年に、当時としてはめずらしい果汁入り炭酸飲料として誕生した。斬新な広告や都会派を意味するネーミング(メトロポリタンズの略)で若者の支持を獲得。ヒット商品に成長したが、いまの好調は12年に投入したコーラ初の特定保健用食品「メッツコーラ」の成功がきっかけだ。

「開発は07年にスタート。調べてみると、当時コーラを主に飲用するのは10代の若年層で、30代以上の男性は『コーラは飲みたいけれど、体によくない気がして』と控える傾向にあることがわかった。つまりは我慢している。であれば我慢しなくていいコーラを出すべきと考えた」(マーケティング部商品担当の山口彩氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  3. 3

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  4. 4

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  5. 5

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  6. 6

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  7. 7

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  8. 8

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  9. 9

    セネガル戦は苦戦必至 日本のキーマンとリスク回避策は?

  10. 10

    国債の取引不成立が続出…日銀の異次元緩和は完全にドロ沼

もっと見る