トクホコーラが契機 今や「キリンメッツ」は超世代飲料に

公開日:  更新日:

 キリンビバレッジの炭酸飲料「キリンメッツ」が再ブレーク中だ。昨年は、レギュラーのフルーツ系炭酸を大々的にリニューアル。新シリーズの「メッツプラス」とトクホ飲料「メッツコーラ」も好調で、販売数量は対前年比で247%を達成。ブランドとして初の大台突破となる1480万ケースを売り上げた。

 はじまりはグレープフルーツ味。「キリンメッツ」は1979年に、当時としてはめずらしい果汁入り炭酸飲料として誕生した。斬新な広告や都会派を意味するネーミング(メトロポリタンズの略)で若者の支持を獲得。ヒット商品に成長したが、いまの好調は12年に投入したコーラ初の特定保健用食品「メッツコーラ」の成功がきっかけだ。

「開発は07年にスタート。調べてみると、当時コーラを主に飲用するのは10代の若年層で、30代以上の男性は『コーラは飲みたいけれど、体によくない気がして』と控える傾向にあることがわかった。つまりは我慢している。であれば我慢しなくていいコーラを出すべきと考えた」(マーケティング部商品担当の山口彩氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る