• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

トクホコーラが契機 今や「キリンメッツ」は超世代飲料に

 キリンビバレッジの炭酸飲料「キリンメッツ」が再ブレーク中だ。昨年は、レギュラーのフルーツ系炭酸を大々的にリニューアル。新シリーズの「メッツプラス」とトクホ飲料「メッツコーラ」も好調で、販売数量は対前年比で247%を達成。ブランドとして初の大台突破となる1480万ケースを売り上げた。

 はじまりはグレープフルーツ味。「キリンメッツ」は1979年に、当時としてはめずらしい果汁入り炭酸飲料として誕生した。斬新な広告や都会派を意味するネーミング(メトロポリタンズの略)で若者の支持を獲得。ヒット商品に成長したが、いまの好調は12年に投入したコーラ初の特定保健用食品「メッツコーラ」の成功がきっかけだ。

「開発は07年にスタート。調べてみると、当時コーラを主に飲用するのは10代の若年層で、30代以上の男性は『コーラは飲みたいけれど、体によくない気がして』と控える傾向にあることがわかった。つまりは我慢している。であれば我慢しなくていいコーラを出すべきと考えた」(マーケティング部商品担当の山口彩氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

もっと見る