トクホコーラが契機 今や「キリンメッツ」は超世代飲料に

公開日: 更新日:

 キリンビバレッジの炭酸飲料「キリンメッツ」が再ブレーク中だ。昨年は、レギュラーのフルーツ系炭酸を大々的にリニューアル。新シリーズの「メッツプラス」とトクホ飲料「メッツコーラ」も好調で、販売数量は対前年比で247%を達成。ブランドとして初の大台突破となる1480万ケースを売り上げた。

 はじまりはグレープフルーツ味。「キリンメッツ」は1979年に、当時としてはめずらしい果汁入り炭酸飲料として誕生した。斬新な広告や都会派を意味するネーミング(メトロポリタンズの略)で若者の支持を獲得。ヒット商品に成長したが、いまの好調は12年に投入したコーラ初の特定保健用食品「メッツコーラ」の成功がきっかけだ。

「開発は07年にスタート。調べてみると、当時コーラを主に飲用するのは10代の若年層で、30代以上の男性は『コーラは飲みたいけれど、体によくない気がして』と控える傾向にあることがわかった。つまりは我慢している。であれば我慢しなくていいコーラを出すべきと考えた」(マーケティング部商品担当の山口彩氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  5. 5

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  6. 6

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  7. 7

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  8. 8

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  9. 9

    ロケット団・三浦昌朗が明かす「死ぬしかない」と涙した夜

  10. 10

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

もっと見る