肉フェスで157人食中毒 食い違う店側と保健所の“言い分”

公開日: 更新日:

 ゴールデンウイーク中に東京都や福岡市で行われた「肉フェス」(4月28日~5月8日)をめぐり、混乱が広がっている。都や福岡市は16日、肉フェスで販売された鶏肉を食べた157人が食中毒にかかったと発表した。

 157人が共通して食べたのはイベント運営会社「AATJ」が提供していた「ハーブチキンささみずし」などのすし料理。鶏肉の加熱が不十分で、一部の人からは食中毒菌カンピロバクターが検出されたという。

 都によると、食中毒は今月6日に都内の保健所に連絡があり、発覚したというが、ネット上で非難されているのが、その後のAATJの対応だ。AATJは保健所が食中毒を指摘した6日以降もメニューを出し続けていたといい、「悪質だ」などと批判が殺到している。それに、AATJはこう反論する。

■都から「火を通せば販売してもいい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  4. 4

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  5. 5

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  6. 6

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  7. 7

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  8. 8

    保坂展人・世田谷区長に聞く PCR検査を独自拡大する狙い

  9. 9

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  10. 10

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

もっと見る