• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

肉フェスで157人食中毒 食い違う店側と保健所の“言い分”

 ゴールデンウイーク中に東京都や福岡市で行われた「肉フェス」(4月28日~5月8日)をめぐり、混乱が広がっている。都や福岡市は16日、肉フェスで販売された鶏肉を食べた157人が食中毒にかかったと発表した。

 157人が共通して食べたのはイベント運営会社「AATJ」が提供していた「ハーブチキンささみずし」などのすし料理。鶏肉の加熱が不十分で、一部の人からは食中毒菌カンピロバクターが検出されたという。

 都によると、食中毒は今月6日に都内の保健所に連絡があり、発覚したというが、ネット上で非難されているのが、その後のAATJの対応だ。AATJは保健所が食中毒を指摘した6日以降もメニューを出し続けていたといい、「悪質だ」などと批判が殺到している。それに、AATJはこう反論する。

■都から「火を通せば販売してもいい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  6. 6

    頭を切断されて10分後にガブリ!ガラガラヘビ驚異の生命力

  7. 7

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  8. 8

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    蘇る4年前…ブラジルに王国の焦りとネイマール潰しの恐怖

もっと見る