• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

羽田早朝便に便利な「直行バス」 疲れをためないコツは

 都心の空の玄関・羽田空港が深夜・早朝の便を増やしている。秋の連休の旅行で利用する人もいるだろう。出張やレジャーに便利だが、出発までの時間をどう過ごすか。特に4時台、5時台の便に間に合わせようと、0時15分着の終電モノレールで羽田に向かって待機するのは、仕事しながらの身にはつらい。

 そこで、午前4時過ぎに羽田の国際線ターミナルを物色していると、疲れ目の人が目立つ中、背筋をピンと張って歩く人がいた。プライベートで1年に2回、台湾を訪れる47歳の男性会社員だった。

「5時55分発の桃園行きに乗るために、仕事の後は大江戸温泉で休んでいました。羽田早朝便フライト前泊プランなら、バス代と温泉代金込みで3300円。温泉は搭乗前の午前11時から利用できるので、仕事帰りにいつでも入れる。サッパリしてからリクライニングチェアで仮眠。バスは午前3時50分に出て、大体4時20分ごろに着く。これが一番ロスがなく、体が楽ですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    藤井氏“安倍内閣は酷すぎ”発言 なかなかいえない本当の話

  10. 10

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

もっと見る