• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

シルバーウイーク“海外の穴場”は? 旅行のプロに聞いた

 あと2週間で、シルバーウイークに突入する。今年は飛び石で長期休暇を取りにくいこともあり、海外旅行が不調という。旅行代理店関係者は「テロと地震で、トルコ、フランス、イタリア、ドイツといった人気エリアが大打撃を受けている。欧州へのツアーは直前の大売り出しをしているような状態です」。

 アジア圏も客足が遠のいている。タイはリゾート地でテロが発生、シンガポールはジカ熱だ。その上、この時季は台風のリスクもある。

「家族連れには、テロリスクの低いオーストラリア、ニュージーランドに加え、ニューカレドニアやタヒチなどの太平洋の島が人気ですね。“安心”して、のんびりできる場所という理由です」(前出の関係者)

 それでは今からでも、“安全”で“格安”に旅できる国はあるのか。

「ベトナムがおすすめです。首都のハノイは、世界で一番、現地滞在費が安いといわれています。羽田便が新規就航し、アクセスも格段に便利になりました。アジア圏でも、テロ情報は出ていません」(旅行ライターの渡辺輝乃氏)

 一方、国内ではLCC利用が狙い目だ。連休の最中でも、北海道は往復1万8000円台、沖縄は往復2万5000円台。陸路は、カーシェアリングを利用するといい。東京―名古屋間でも、家族4人で1人当たり4000円程度。旅先でも10分単位から気軽に借りられるので、バスや電車よりお得なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  6. 6

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  7. 7

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る