相場は参列者20人で130万円 「家族葬」値上がりの理由

公開日:  更新日:

 今はやりの葬式スタイル。遺族や近しい親族、友人など“身内”のみで執り行うのが特徴だ。

 東京・江東区に本社がある葬儀社「アーバンフューネス」では、実に7割が家族葬。営業部責任者の中西実さんはこう言う。

「10年前までは一般葬の方が多かったのですが、5~6年前から家族葬が増えています。参列者は11~20人が最も多く、間柄はせいぜい2親等(注・故人の兄弟姉妹、孫)まで。人間関係が希薄になり、葬式に費用や手間をかけたくない人が増えているのでしょう」

 密葬と家族葬は違う。密葬は、本葬の前に家族だけで行う葬儀のこと。それ自体が本葬である家族葬とは似て非なるものだ。

 参列者が少ないということは、葬儀代は安いのか。

「無宗教葬でない限り、祭壇や棺、食事代、お布施や戒名代など基本的な葬式費用はかかります。相場は参列者20人・式場代込みで約130万円。一般葬に比べれば安いのですが、実は年々値上がりしています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る