相場は参列者20人で130万円 「家族葬」値上がりの理由

公開日: 更新日:

 今はやりの葬式スタイル。遺族や近しい親族、友人など“身内”のみで執り行うのが特徴だ。

 東京・江東区に本社がある葬儀社「アーバンフューネス」では、実に7割が家族葬。営業部責任者の中西実さんはこう言う。

「10年前までは一般葬の方が多かったのですが、5~6年前から家族葬が増えています。参列者は11~20人が最も多く、間柄はせいぜい2親等(注・故人の兄弟姉妹、孫)まで。人間関係が希薄になり、葬式に費用や手間をかけたくない人が増えているのでしょう」

 密葬と家族葬は違う。密葬は、本葬の前に家族だけで行う葬儀のこと。それ自体が本葬である家族葬とは似て非なるものだ。

 参列者が少ないということは、葬儀代は安いのか。

「無宗教葬でない限り、祭壇や棺、食事代、お布施や戒名代など基本的な葬式費用はかかります。相場は参列者20人・式場代込みで約130万円。一般葬に比べれば安いのですが、実は年々値上がりしています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  2. 2

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  3. 3

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  4. 4

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  5. 5

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  6. 6

    預金封鎖、資産税、暗号資産、ハイパーインフレを警戒せよ

  7. 7

    8カ月で復帰したビートたけしと徳井義実の“決定的な違い”

  8. 8

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  9. 9

    やっぱり?組織委&警察「五輪中止」折り込みドタバタ人事

  10. 10

    小川彩佳「NEWS23」産休から復帰も…早くもリストラ降板説

もっと見る