泣いてスッキリ 「涙活」イベントに男性たちがハマるワケ

公開日:  更新日:

「涙活」が密かなブームだ。「離婚式」で知られるイベントプロデューサーの寺井広樹氏が提唱していて、意識的に泣いてストレス解消を図るというもの。涙を流すと交感神経から副交感神経へスイッチが切り替わり、涙一粒でストレス解消。その効果が1週間続くとあって、ユニークな関連イベントも行われている。

 たとえば、独身の男女が泣ける映画を一緒に見る「涙婚」や“イケメン”が会社に来て一緒に泣ける動画を見る「イケメソ宅泣便」、泣き顔がグッとくるイケメンを選ぶ「イケメソ男子グランプリ」など、女性向けのイベントが多いが、男の参加者も目立つという。

「男は強くあれ」と育った中高年にとって、その盛況ぶりはにわかに信じられないが、現実にハマっている男がいる。代表の寺井氏に聞いた。

「確かに女性向けが多いのですが、皆で泣ける動画を見るベーシックなイベントだと、男女比は4対6とほぼ半々。そもそも男性向けに考えた活動ですから、もっと男性に参加してほしい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  10. 10

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

もっと見る