• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

泣いてスッキリ 「涙活」イベントに男性たちがハマるワケ

「涙活」が密かなブームだ。「離婚式」で知られるイベントプロデューサーの寺井広樹氏が提唱していて、意識的に泣いてストレス解消を図るというもの。涙を流すと交感神経から副交感神経へスイッチが切り替わり、涙一粒でストレス解消。その効果が1週間続くとあって、ユニークな関連イベントも行われている。

 たとえば、独身の男女が泣ける映画を一緒に見る「涙婚」や“イケメン”が会社に来て一緒に泣ける動画を見る「イケメソ宅泣便」、泣き顔がグッとくるイケメンを選ぶ「イケメソ男子グランプリ」など、女性向けのイベントが多いが、男の参加者も目立つという。

「男は強くあれ」と育った中高年にとって、その盛況ぶりはにわかに信じられないが、現実にハマっている男がいる。代表の寺井氏に聞いた。

「確かに女性向けが多いのですが、皆で泣ける動画を見るベーシックなイベントだと、男女比は4対6とほぼ半々。そもそも男性向けに考えた活動ですから、もっと男性に参加してほしい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  4. 4

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  5. 5

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  6. 6

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  7. 7

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  8. 8

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  9. 9

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  10. 10

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

もっと見る