• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

村西とおるさん 32歳で初めて食べた“かあちゃんの味”

村西とおるさん(C)日刊ゲンダイ

 1948年生まれ、団塊の世代の村西とおる監督には、母親が台所に立ってご飯を作っていた記憶がない。福島・いわき市で育った子供時代は、ひもじい以外の何ものでもなかった。

「まだ水道も冷蔵庫もガスもない時代で、あのころの日本は誰もが食うや食わず。我が家の…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事