• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

戒名に宇宙旅行…ネット通販の達人が語る“未来”の買い方

 通販評論家・村山らむね氏のネットショッピング生活は、半端じゃない。筋金入りだ。

「ネットショッピングで使うお金は、10万円を超える月も多々あります。スーパーで買い物する額より多いですね。たとえば、お米は定期購入ですし、お気に入りの入浴剤もそう。マニキュアや化粧品、それに今日着ているモノはほとんどネットで買いました。実は、かつて仕事でスーパーが開いている時間に帰宅できない時期があって、そのころからネット購入が増えました。重量が重いモノは、文句ナシに便利ですし。私自身、95年に結婚したんですけど、嫁入り道具も通販で揃えました。“夫以外はすべて通販で”と冗談を言ってたくらいでしたから」

 いま、ネットショッピングで扱う商品は多様化、充実化の一途をたどる。あらゆる商品やサービスがネットで買える時代になっている。そして5年後、10年後はこの傾向がより一層進むと、村山さんはみている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  5. 5

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  6. 6

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  7. 7

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  8. 8

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

もっと見る