日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「高岡鋳物」の製法を大衆に伝える新しい取り組み

14年から始めたワークショップには延べ2000人が参加(提供写真)

 富山県高岡市は、日本の銅器の生産額の95%を占める鋳物の生産地として知られてきた。その起源は、1609年、高岡城に入城した加賀藩主の前田利長が、高岡の町の繁栄のために7人の鋳造師を呼び寄せたことに始まるという。

 この時代から400年続く職人たちの…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事