過労問題はルール化で根絶 20時には社内PCを「強制終了」

公開日:

 女性電通社員の自殺が報じられてから、過労対策が話題になっている。厚労省の調査によると、過労で精神障害を来した人のうち、労基署に労災認定を求めて請求した件数は右肩上がり。昨年度は1515件。5年でほぼ2割増だ。

 過労で苦しむのは若手と思いきや、そうではない。最多は40代で459人。これに30代419人、50代287人が続く。40代と30代が突出しているのは2年前も同じ。過労の影響をモロに受けるのは、サラリーマンとして最も脂が乗っている世代だ。

 その男女比は、女性が3割ほど、男性が多数。特に自殺で労災請求された199件のうち、女性は15件。極端なケースほど男性が多くなる。上司は30代、40代の疲れた男性社員こそフォローした方がいいだろう。

「しかし、追い詰められている部下に『早く帰った方がいい』と帰宅を促すのは禁句です」と言うのは、元SBIモーゲージ取締役執行役員常務の横山信治氏だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  2. 2

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る