日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

江戸筆は「年間6人ほど修行に来ますが、もって1カ月」

(C)日刊ゲンダイ

 推古天皇の時代に朝鮮から伝わった筆。大量に使われるようになったのが江戸時代で、中期には商人の台頭とともに寺子屋が増え、庶民の間にも筆が普及した。関東大震災や第2次世界大戦で筆職人の多くは東京を離れたが、残った職人たちがいまなお、その技術を継承している。

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事