日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

時代に合わせて試行錯誤 加賀友禅「身近に感じてほしい」

加賀友禅の絹地を貼り付けたアコースティックギター(提供写真)

 江戸元禄の頃、宮崎友禅斎により始められたという加賀友禅。その起源はおよそ500年前、加賀国の染め技法として存在した「梅染」にさかのぼる。梅の樹皮や根から作った染液を、絹や麻布に浸して染める方法で、その後、黒梅染や色絵紋などの染め技法が次々と確立されてきた。これらの染め技法を「加…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事