“神ってる”も載る? 広辞苑で言葉の意外なルーツが分かる

公開日: 更新日:

「使ったことない」――今年の流行語大賞に選ばれた「神ってる」について、首をひねる人が少なくないようだ。マイナビ学生が大学生402人に調査したところ、61・2%がそう回答。大学生に限った調査とはいえ、少数派の意見が大賞に輝いたことになる。

 流行語大賞の言葉が定着するのか、しばらくして廃れるのか見ものだが、死語にならずに一般的な言葉として定着するものの中には意外な言葉があるという。

■「しゃもじ」は室町のギャル語

 たとえば、「しゃもじ」がその一つだ。広辞苑マニアの構成作家・大西憲司氏が言う。

「『広辞苑』(岩波書店)によると、『しゃもじ』は『杓子の女房詞』と説明されています。杓子は、ご飯や汁をすくう道具のこと。それを『しゃ』と略して語尾に『もじ』をつけた『しゃもじ』は、女房詞というわけです。その女房詞を広辞苑で引くと、宮中の女官が使っていた隠語的な言葉と説明されています。つまり、当時のギャル語なのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  2. 2

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  3. 3

    入籍で妊娠説も ベッキーがやっと乗り越えた“ゲスの呪縛”

  4. 4

    大河史上最速で視聴率1桁…「いだてん」を襲うNHKの包囲網

  5. 5

    そこまでやるかNHK 安倍首相と「遺恨」残す部署が解体危機

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  8. 8

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    客寄せからガス抜きに出世 “ウォシュレット小泉”はどう?

もっと見る