• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

コーヒー戦争過熱 「店内焙煎vs100円」で勝つのはどっち

 焙煎したばかりの豆を使い、スタッフが1杯ずつハンドドリップする。鮮度にこだわる米新興の人気カフェ「ブルーボトルコーヒー」が昨年、日本に上陸し、“焙煎ブーム”が加速している。

 大手チェーンも流れに乗って、店内焙煎でコーヒーを出す店がちらほら現れ始めた。

 たとえばタリーズコーヒー。10月から「ロースターラボ青葉台店」(横浜市)で、ガラス張りの焙煎ルームを見られるようにした。

 キーコーヒーのグループ会社イタリアントマトも10月末、東京・三軒茶屋に「自家焙煎珈琲 蔵味」を開店。

 スターバックスも再来年暮れに、東京・中目黒でカフェと焙煎所を合わせた店舗を構える。新国立競技場の設計を手がけた建築家の隈研吾氏が店をデザインするという気合の入れようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る