コーヒー戦争過熱 「店内焙煎vs100円」で勝つのはどっち

公開日: 更新日:

 焙煎したばかりの豆を使い、スタッフが1杯ずつハンドドリップする。鮮度にこだわる米新興の人気カフェ「ブルーボトルコーヒー」が昨年、日本に上陸し、“焙煎ブーム”が加速している。

 大手チェーンも流れに乗って、店内焙煎でコーヒーを出す店がちらほら現れ始めた。

 たとえばタリーズコーヒー。10月から「ロースターラボ青葉台店」(横浜市)で、ガラス張りの焙煎ルームを見られるようにした。

 キーコーヒーのグループ会社イタリアントマトも10月末、東京・三軒茶屋に「自家焙煎珈琲 蔵味」を開店。

 スターバックスも再来年暮れに、東京・中目黒でカフェと焙煎所を合わせた店舗を構える。新国立競技場の設計を手がけた建築家の隈研吾氏が店をデザインするという気合の入れようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

  4. 4

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  5. 5

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    「Go To トラベル」は存続の危機?観光庁に聞いた30の質問

  8. 8

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  9. 9

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  10. 10

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

もっと見る