日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

屋台1台分に半年 日本に数人しかいない「車師」の技術

糊もクギも使わずに組み立てる(提供写真)

 祭りを盛り上げる彫刻屋台。その車の担い手となる「車師」は日本で10軒に満たない。そのひとりが、江戸時代から続く荷車製造業「乾 樫木工所」(鹿沼市上材木町)の7代目、乾芳雄さん(68)だ。20歳で父に弟子入りし、一人前の職人となって46年になる。ユネスコ無形文化遺産に登録された「…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事