• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

生誕150年 夏目漱石には“文豪らしからぬ”意外な逸話が

 日本の文豪として真っ先に思い浮かぶのは、夏目漱石だろう。今年生誕150年を迎える。入試に出題されたり、ミュージカルが上演されたりするが、どんな人だったのかよく知らないという人も多いのではないか。

 漱石の人物像がうかがえるエピソードを拾った。

■ナイーブなハート

 生まれてすぐ養子に出され、養子先の両親の離婚により9歳でまた実家に戻るなど、複雑な家庭環境で育つ。そのせいか心は病み気味に。30代のロンドン留学時には、異国生活に慣れず部屋にこもって泣いていたのを関係者に発見され、「夏目狂セリ」と日本に電報が送られたという。

■容姿にコンプレックス

 3歳でかかった天然痘の痕が顔の右側に残ったのを気にして、お見合い写真を修整。写真撮影時には顔の右側が写らないよう、左側を前にナナメに角度をつけたポーズが定番だった。滝クリみたいな“画像加工”は漱石の“専売特許”か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  3. 3

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  4. 4

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  5. 5

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  6. 6

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  7. 7

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

  8. 8

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  9. 9

    綾瀬はるかvs石原さとみ 夏ドラマ「ホリプロ」対決の行方

  10. 10

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

もっと見る