• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

生誕150年 夏目漱石には“文豪らしからぬ”意外な逸話が

 日本の文豪として真っ先に思い浮かぶのは、夏目漱石だろう。今年生誕150年を迎える。入試に出題されたり、ミュージカルが上演されたりするが、どんな人だったのかよく知らないという人も多いのではないか。

 漱石の人物像がうかがえるエピソードを拾った。

■ナイーブなハート

 生まれてすぐ養子に出され、養子先の両親の離婚により9歳でまた実家に戻るなど、複雑な家庭環境で育つ。そのせいか心は病み気味に。30代のロンドン留学時には、異国生活に慣れず部屋にこもって泣いていたのを関係者に発見され、「夏目狂セリ」と日本に電報が送られたという。

■容姿にコンプレックス

 3歳でかかった天然痘の痕が顔の右側に残ったのを気にして、お見合い写真を修整。写真撮影時には顔の右側が写らないよう、左側を前にナナメに角度をつけたポーズが定番だった。滝クリみたいな“画像加工”は漱石の“専売特許”か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る