日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

生誕150年 夏目漱石には“文豪らしからぬ”意外な逸話が

 日本の文豪として真っ先に思い浮かぶのは、夏目漱石だろう。今年生誕150年を迎える。入試に出題されたり、ミュージカルが上演されたりするが、どんな人だったのかよく知らないという人も多いのではないか。

 漱石の人物像がうかがえるエピソードを拾った。

■ナイーブなハート

 生まれてすぐ養子に出され、養子先の両親の離婚により9歳でまた実家に戻るなど、複雑な家庭環境で育つ。そのせいか心は病み気味に。30代のロンドン留学時には、異国生活に慣れず部屋にこもって泣いていたのを関係者に発見され、「夏目狂セリ」と日本に電報が送られたという。

■容姿にコンプレックス

 3歳でかかった天然痘の痕が顔の右側に残ったのを気にして、お見合い写真を修整。写真撮影時には顔の右側が写らないよう、左側を前にナナメに角度をつけたポーズが定番だった。滝クリみたいな“画像加工”は漱石の“専売特許”か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事