• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

うつ病発症に専門外来まで “婚活地獄”ですり減る女性たち

■女性側に課せられるノルマ

「ウチでは、入会金の安い女性側に“3カ月以内で○人と会うように”と追い込んでいます。ノルマを課すわけですね。男性は高いお金を出しているので、結果を求めます。それで女性には、安い料金で利用できる代わりに、どんどん男性に会わせるのです。中には毎週のように違った男性と会い続けている女性もいますよ」(有名婚活サイト関係者)

 それでも、気に入った男性が見つかればいいのだが、スカばかりが続けばイヤになるだろう。

 一方、別の婚活サイトに登録している婚活女子(金融業界・30歳)は、こう漏らす。

「会員ページにログインすると、男性の学歴・職歴・年収や親の経歴までプロフィルに記載されています。女性はそれを見て、会いたい人を選んで、会社経由で連絡を取り合うシステム。ただし会った人とは、3カ月以内に結婚するかどうかを決めるのがルール。それで何度かデートを重ねて、『好きになれそうかな~』と思うぐらいのころに、業者から決断を迫られるのです。断ってしまえば、もうその人とは会えないけど、カップル成立となれば、他の人と会うチャンスを失います。これがジレンマで、悩ましいところ。もっとも男性も同じ条件なので、こちらが『いいかな~』と思っても、バッサリ切られることもあります。そんな感じでアフター5も休日も潰れるので、なんだか婚活のために生きているみたいです」

 これでは時間をかけるほど、むなしさを覚えるだろうし、病気になるのも無理はない。しかも、そうまでして結婚にこぎつけたとしても、幸せな未来が約束されているってものでもないのだから、つらいなあ~。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事