スコセッシ監督作で話題 長崎で「沈黙」の舞台をめぐる

公開日: 更新日:
隠れキリシタンの墓(左)・踏み絵(長崎歴史文化博物館)/(C)日刊ゲンダイ

 現在、公開中のマーティン・スコセッシ監督作品「沈黙-サイレンス-」。原作は遠藤周作の「沈黙」。禁教令が敷かれる1640年代、長崎に渡ったポルトガル司祭と潜伏キリシタンの姿が描かれている。潜伏キリシタン関連遺産が世界遺産の候補地にもなっている「沈黙」の舞台を訪れた。

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  5. 5

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  6. 6

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  7. 7

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  8. 8

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  9. 9

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  10. 10

    ロケット団・三浦昌朗が明かす「死ぬしかない」と涙した夜

もっと見る