• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“結婚遅れる”は本当? 「ひな祭り」の謎を老舗店に聞いた

 ひなあられが店頭に置かれたり、童謡「うれしいひなまつり」が流れたり。もうすぐ桃の節句。娘や孫にひな人形を飾る家庭もあるだろう。伝統を忘れがちの都会でも、文化は今もしっかりと受け継がれている。が、ひな祭りをめぐっては、ちょっとしたウワサや都市伝説、謎のようなものもよく耳にする。「ひな人形をしまい遅れると嫁に行き遅れる」という話は、その典型。本当なのか。老舗節句人形店・大西人形本店(名古屋市)の5代目・大西嘉彦氏に聞いた。

「都市伝説です。旧家では、子供はもちろん、母親や祖母などのひな人形も飾るため、ひな壇はかなり立派。3月3日にお祝いして、その日のうちにしまうのは到底無理です。そもそも電灯が普及していなかったころは、夜間に片付けはできません。名古屋の徳川美術館には、『4日におひなさまにお礼のお供えをして、その後ゆっくり片付ける』と記された古書が残っています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  2. 2

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」好視聴率で健闘のワケ

  3. 3

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  4. 4

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  5. 5

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    テレ東「ラストチャンス」原作者 江上剛氏が見どころ語る

  8. 8

    歌手・女優の坂本スミ子さん パルムドール表彰式の思い出

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

もっと見る