“結婚遅れる”は本当? 「ひな祭り」の謎を老舗店に聞いた

公開日:

 ひなあられが店頭に置かれたり、童謡「うれしいひなまつり」が流れたり。もうすぐ桃の節句。娘や孫にひな人形を飾る家庭もあるだろう。伝統を忘れがちの都会でも、文化は今もしっかりと受け継がれている。が、ひな祭りをめぐっては、ちょっとしたウワサや都市伝説、謎のようなものもよく耳にする。「ひな人形をしまい遅れると嫁に行き遅れる」という話は、その典型。本当なのか。老舗節句人形店・大西人形本店(名古屋市)の5代目・大西嘉彦氏に聞いた。

「都市伝説です。旧家では、子供はもちろん、母親や祖母などのひな人形も飾るため、ひな壇はかなり立派。3月3日にお祝いして、その日のうちにしまうのは到底無理です。そもそも電灯が普及していなかったころは、夜間に片付けはできません。名古屋の徳川美術館には、『4日におひなさまにお礼のお供えをして、その後ゆっくり片付ける』と記された古書が残っています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    安室奈美恵と樹木希林…残す言葉から“去り際”を研究する

もっと見る