“結婚遅れる”は本当? 「ひな祭り」の謎を老舗店に聞いた

公開日: 更新日:

 ひなあられが店頭に置かれたり、童謡「うれしいひなまつり」が流れたり。もうすぐ桃の節句。娘や孫にひな人形を飾る家庭もあるだろう。伝統を忘れがちの都会でも、文化は今もしっかりと受け継がれている。が、ひな祭りをめぐっては、ちょっとしたウワサや都市伝説、謎のようなものもよく耳にする。「ひな人形をしまい遅れると嫁に行き遅れる」という話は、その典型。本当なのか。老舗節句人形店・大西人形本店(名古屋市)の5代目・大西嘉彦氏に聞いた。

「都市伝説です。旧家では、子供はもちろん、母親や祖母などのひな人形も飾るため、ひな壇はかなり立派。3月3日にお祝いして、その日のうちにしまうのは到底無理です。そもそも電灯が普及していなかったころは、夜間に片付けはできません。名古屋の徳川美術館には、『4日におひなさまにお礼のお供えをして、その後ゆっくり片付ける』と記された古書が残っています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  3. 3

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  4. 4

    青木理氏「無知」と「無恥」に蝕まれる憲政史上最愚の政権

  5. 5

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  6. 6

    丸投げの安倍政権 新型コロナ基本方針は“国は何もしない”

  7. 7

    中居正広を支える華麗なる人脈 “ぼっち独立”も明るい未来

  8. 8

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  9. 9

    愛知県の老舗旅館が廃業 新型コロナ「倒産ラッシュ」の足音

  10. 10

    デンマークなぜキャッシュレス大国に 在日大使館に聞いた

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る