サウジ医療の頂点 「キングファイサル専門病院」の手厚さ

公開日: 更新日:

 サウジアラビアは、潤沢なオイルマネーの恩恵で医療レベルも高く、役割分担もしっかりしている。しかも原則タダ。日本の保健所に当たるヘルスセンターが全国に2259カ所あって、風邪などの軽い病気の治療に当たるほか、インフルエンザやポリオ、B型肝炎などの予防接種も行う。ワクチン接種率は100%。

 センターで対応できないと、445カ所の病院がカバーする。保健省管轄が268、私立が136で、ほかの省庁の管轄が41。すごいのが、保健省以外の病院だ。

「たとえば、国防・航空省や内務省、国家警備隊が運営する病院です。こうした軍の病院は、軍医療サービス局の管轄で、世界的にも珍しい医療機器を装備した医療航空隊を組織。22機の医療航空機を保有しています。王族はじめVIPに万が一のことがあれば、ババッと緊急出動して首都リヤドのキングファイサル専門病院などに搬送するんです」(石油会社現地駐在員)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  4. 4

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  7. 7

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  8. 8

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  9. 9

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

  10. 10

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る