アスクル倉庫火災で支給 「見舞金1万円」は高いか安いか

公開日:

 先月、埼玉県三芳町の物流倉庫で発生したオフィス用品通販大手「アスクル」の火災事故。火事が起きてから鎮火まで2週間かかり、東京ドーム1個分、約4万5000平方メートルを焼失した。

 同社は先週、住民らから話を聞いたうえで、行政とも相談を重ね、避難勧告が出された6世帯と、その他、実損が出た世帯には個別の補償に応じるほか、近隣300世帯に一律1万円の見舞金を支給することを明らかにした。

 一体、何を基準に支払い範囲を決めたのか。

「火災現場から半径何メートル以内といった具体的な数字は申し上げられませんが、生活に支障がないかを個別にお伺いしたところ、『クリーニング代は出るのか』『車を洗車したい』『外に洗濯物を干せなかった』といった苦情をいただいたので、それに基づいてお支払いする範囲を決めました。偏りはほとんどなく、その結果、約300世帯になりました」(アスクル広報部)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  9. 9

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る