アスクル倉庫火災で支給 「見舞金1万円」は高いか安いか

公開日: 更新日:

 先月、埼玉県三芳町の物流倉庫で発生したオフィス用品通販大手「アスクル」の火災事故。火事が起きてから鎮火まで2週間かかり、東京ドーム1個分、約4万5000平方メートルを焼失した。

 同社は先週、住民らから話を聞いたうえで、行政とも相談を重ね、避難勧告が出された6世帯と、その他、実損が出た世帯には個別の補償に応じるほか、近隣300世帯に一律1万円の見舞金を支給することを明らかにした。

 一体、何を基準に支払い範囲を決めたのか。

「火災現場から半径何メートル以内といった具体的な数字は申し上げられませんが、生活に支障がないかを個別にお伺いしたところ、『クリーニング代は出るのか』『車を洗車したい』『外に洗濯物を干せなかった』といった苦情をいただいたので、それに基づいてお支払いする範囲を決めました。偏りはほとんどなく、その結果、約300世帯になりました」(アスクル広報部)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  2. 2

    強烈ジョークでNHKを慌てさせた 香取慎吾の気になる今後

  3. 3

    キムタク「抱かれたくない男」1位にTV局が高笑いのワケ

  4. 4

    中居正広が五輪キャスター争奪戦で“売れ残り”の大ピンチ

  5. 5

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  6. 6

    全て思惑通り…N国の立花党首にマスコミは利用されている

  7. 7

    U18の“二枚看板” 大船渡・佐々木と星陵・奥川に数々の不安

  8. 8

    マツコ「元SMAP共演拒否発言」騒動にTVマン拍手喝采の訳

  9. 9

    「カジノではなくF1とディズニーを」“ハマのドン”が激怒

  10. 10

    泥沼の日韓対立 この政権が続く限り解決は不可能<上>

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る