介護相談できるコンビニ 「ケアローソン」の狙いと勝算

公開日: 更新日:

 ローソンが介護事業者とコラボし、シニア向けに「ケアローソン」を展開中だ。現在全国で7店舗あり、9日、兵庫に芦屋新浜町店がオープンする。

 通常店舗と違うのはその品揃え。高齢者でも咀嚼しやすいレトルト食品、おむつなどの日用品、消臭剤、補聴器用電池などが置かれ、お通じが良くなるようカット野菜はキャベツが中心だ。芦屋新浜町店でいうと、全3500種類のうち、介護関連商品は200種類。家族も手軽にお目当ての商品を購入することができる。

 店内には地元の介護事業者直営の「介護相談窓口」(芦屋の対応時間はAM9・30~PM5)が設けられ、ケアマネジャー、もしくは専門の相談員が相談に乗ってくれる。

「行政はハードルが高く、なかなか行きづらい方にコンビニで買い物ついでに気軽に相談してもらえればというのがコンセプトです。介護保険や両親の介護についての不安など、ご家族の利用も多いですね。サロンスペースは多世代の交流の場になっています」(ローソン広報室)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    小池知事「3連休の怠慢」都内感染1000人超えはまさに人災

  3. 3

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  6. 6

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  7. 7

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  8. 8

    緊急事態宣言発令で通勤電車が「3つの密」状態になる恐れ

  9. 9

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  10. 10

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

もっと見る