介護相談できるコンビニ 「ケアローソン」の狙いと勝算

公開日:

 ローソンが介護事業者とコラボし、シニア向けに「ケアローソン」を展開中だ。現在全国で7店舗あり、9日、兵庫に芦屋新浜町店がオープンする。

 通常店舗と違うのはその品揃え。高齢者でも咀嚼しやすいレトルト食品、おむつなどの日用品、消臭剤、補聴器用電池などが置かれ、お通じが良くなるようカット野菜はキャベツが中心だ。芦屋新浜町店でいうと、全3500種類のうち、介護関連商品は200種類。家族も手軽にお目当ての商品を購入することができる。

 店内には地元の介護事業者直営の「介護相談窓口」(芦屋の対応時間はAM9・30~PM5)が設けられ、ケアマネジャー、もしくは専門の相談員が相談に乗ってくれる。

「行政はハードルが高く、なかなか行きづらい方にコンビニで買い物ついでに気軽に相談してもらえればというのがコンセプトです。介護保険や両親の介護についての不安など、ご家族の利用も多いですね。サロンスペースは多世代の交流の場になっています」(ローソン広報室)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る