想定外の海外トラブル…“強いクレジットカード”とは?

公開日: 更新日:

 旅行先で現金10万円を落としたらまず戻ってこないが、カードを落として10万円を不正に使われても、盗難保険があれば補償されるぶん安心だ。それすらなければ、カードを持っているメリットはほとんどない。

 その他のオプションは期待薄だ。

「年会費無料のカードは国内、海外旅行の傷害保険やショッピング保険が付いていないものが少なくありません。当然ながら、乗り継ぎ遅延費用、自然災害などの出航遅延、欠航や航空会社の都合などを含む搭乗不能費用などは難しい」

 それじゃあ困る、安心してサービスを受けたいのなら、やっぱりゴールドカード以上だ。

 たとえばアメックス(年会費2万9000円)なら、海外旅行傷害保険は最高1億円、カードで支払った旅行の急なキャンセル費用の補償、乗り継ぎ遅延費用、出航遅延、欠航、搭乗不能費用、受託手荷物遅延、紛失と、海外で想定されるトラブルはほぼカバーできる。最低限のサービスを受けるなら、「せめて格安ゴールドカードは持っていたほうがいい」と、岩田氏がこう言う。

「たとえば『MUFGカード ゴールド』なら、年会費1905円(初年度無料)ですが、国内、海外旅行の傷害保険や、ショッピング保険、国内渡航便遅延保険が付いています」

 GWに海外旅行。“タダ”ほど高くつく恐れアリ、か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る