• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「クノール カップスープ」は“冷たい”がヒットで年中好調

 1973年生まれのインスタントスープ、味の素の「クノール カップスープ」が新たな成長期を迎えている。キャッチコピー「温朝食・冷たいクノール」の狙い通り、冷製スープによる夏場の需要喚起も奏功し、昨15年度は過去最高の売り上げを記録。16年度もさらに2桁成長を示している。

 クノールの歴史はドイツから始まるが、インスタントタイプは日本独自の進化である。調理用のスープとして64年に上陸した当初は夕食向けに提案。それが70年代になり、カップ麺やファストフード店が登場するなど時代は簡便化に向かったことから新たな展開へ。73年、味の素のクノールは、朝食向けに、お湯を注ぐだけでOKの「クノール カップスープ」を発売。以来、朝の定番としてロングセラーを続けている。

「勝因は時代に応じた戦略。世の中の変化や消費者が求めるものに対してきちんと価値提供できたことが一番の成長ポイントだと自負している」(食品事業本部の古賀大三郎氏=写真)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  7. 7

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  8. 8

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

もっと見る