携帯はさみ「フィットカットカーブツイッギー」開発秘話

公開日: 更新日:

 ポーチやカバンに入れて持ち歩ける携帯はさみが人気だ。中でも注目なのがプラスの「フィットカットカーブツイッギー」。根元から刃先までサクサク切れるカーブ刃でおなじみの「フィットカットカーブ」シリーズの一員だけに、携帯用ならではのポイントはしっかり押さえながら、安定した切れ味を発揮。2015年11月の発売以来、好調な販売を続けている。

 フィットカットカーブは家庭用はさみのトップブランド。常に最適な刃の開き角度を保つ「ベルヌーイカーブ刃」の切れ味は絶大な支持を得ている。となれば携帯はさみも実力派。スリムなペン型のツイッギーは「フィットカットカーブの便利さを持ち歩きたい」という声に応えて誕生した。

「開発に着手したのは13年ごろ。すでに携帯はさみは市場に出回っていたが、客観的に見てみると、完璧なものはなかなかないと感じた。そもそも携帯はさみはハードルが高い。まずコンパクトでなくてはいけない。そのうえで安全に簡単に使えるもの。もちろん、はさみである以上切れ味は重要で、最後発ということでプレッシャーもあったが、操作性+安全性に、独自のカーブ刃の技術を搭載すれば勝負できると確信、開発を進めた」(金属製品グループの久保田創氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    反乱なのか 安倍首相“側近議員”がアベノミクスの成果否定

  3. 3

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

  4. 4

    「安倍さんは信用できない」拉致被害者家族の悲痛な叫び

  5. 5

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  6. 6

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  7. 7

    民間会社員と年金額で差 公務員はなぜ恵まれているのか?

  8. 8

    トヨタはモデル平均21万円 大企業の「企業年金」いくら?

  9. 9

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  10. 10

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る