• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

携帯はさみ「フィットカットカーブツイッギー」開発秘話

 ポーチやカバンに入れて持ち歩ける携帯はさみが人気だ。中でも注目なのがプラスの「フィットカットカーブツイッギー」。根元から刃先までサクサク切れるカーブ刃でおなじみの「フィットカットカーブ」シリーズの一員だけに、携帯用ならではのポイントはしっかり押さえながら、安定した切れ味を発揮。2015年11月の発売以来、好調な販売を続けている。

 フィットカットカーブは家庭用はさみのトップブランド。常に最適な刃の開き角度を保つ「ベルヌーイカーブ刃」の切れ味は絶大な支持を得ている。となれば携帯はさみも実力派。スリムなペン型のツイッギーは「フィットカットカーブの便利さを持ち歩きたい」という声に応えて誕生した。

「開発に着手したのは13年ごろ。すでに携帯はさみは市場に出回っていたが、客観的に見てみると、完璧なものはなかなかないと感じた。そもそも携帯はさみはハードルが高い。まずコンパクトでなくてはいけない。そのうえで安全に簡単に使えるもの。もちろん、はさみである以上切れ味は重要で、最後発ということでプレッシャーもあったが、操作性+安全性に、独自のカーブ刃の技術を搭載すれば勝負できると確信、開発を進めた」(金属製品グループの久保田創氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  7. 7

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  8. 8

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

  9. 9

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  10. 10

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

もっと見る