• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
シェリーめぐみ
著者のコラム一覧
シェリーめぐみジャーナリスト、テレビ・ラジオディレクター

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

禁止令まで 米国で大流行フィジェット・スピナーの爆発力

 この春アメリカでは「フィジェット・スピナー」というおもちゃが突然流行を始め、これまでに見たことのない現象と驚きをもって迎えられています。

 フィジェット・スピナーは直訳すると、「そわそわ高速回転マシン」。とがってない手裏剣のような形をした手のひらサイズのおもちゃで、中心に小さなベアリングが入っています。指で回すとクルクルと高速で回転を始める単純な機能ですが、子供たちはこれを家でも学校でもクルクル回し続け、親や先生たちをイライラさせています。

 もともとは、急増するADHD(注意欠陥・多動性障害)や不安神経症、自閉症の症状を軽減するために開発されたもの。ところが、中学生を中心に若者や子供の間で爆発的に流行し、「授業の妨げになる」と持ち込みを禁止にする学校も出てきています。

 ところで、フィジェット・スピナーは本当にADHDなどに効果があるのでしょうか? 専門家は「不安やストレスを感じやすかったり、環境に過敏に反応する人は、ナーバスなエネルギーを発散するために爪を噛んだり皮膚を引っかいたりする。フィジェット・スピナーはそれよりずっと無害にエネルギーを消費する効果はある」とコメントしています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  5. 5

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  8. 8

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

もっと見る