シェリーめぐみ
著者のコラム一覧
シェリーめぐみジャーナリスト、テレビ・ラジオディレクター

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

禁止令まで 米国で大流行フィジェット・スピナーの爆発力

公開日: 更新日:

 この春アメリカでは「フィジェット・スピナー」というおもちゃが突然流行を始め、これまでに見たことのない現象と驚きをもって迎えられています。

 フィジェット・スピナーは直訳すると、「そわそわ高速回転マシン」。とがってない手裏剣のような形をした手のひらサイズのおもちゃで、中心に小さなベアリングが入っています。指で回すとクルクルと高速で回転を始める単純な機能ですが、子供たちはこれを家でも学校でもクルクル回し続け、親や先生たちをイライラさせています。

 もともとは、急増するADHD(注意欠陥・多動性障害)や不安神経症、自閉症の症状を軽減するために開発されたもの。ところが、中学生を中心に若者や子供の間で爆発的に流行し、「授業の妨げになる」と持ち込みを禁止にする学校も出てきています。

 ところで、フィジェット・スピナーは本当にADHDなどに効果があるのでしょうか? 専門家は「不安やストレスを感じやすかったり、環境に過敏に反応する人は、ナーバスなエネルギーを発散するために爪を噛んだり皮膚を引っかいたりする。フィジェット・スピナーはそれよりずっと無害にエネルギーを消費する効果はある」とコメントしています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  8. 8

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  9. 9

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  10. 10

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

もっと見る