シェリーめぐみ
著者のコラム一覧
シェリーめぐみジャーナリスト、テレビ・ラジオディレクター

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

禁止令まで 米国で大流行フィジェット・スピナーの爆発力

公開日:

 この春アメリカでは「フィジェット・スピナー」というおもちゃが突然流行を始め、これまでに見たことのない現象と驚きをもって迎えられています。

 フィジェット・スピナーは直訳すると、「そわそわ高速回転マシン」。とがってない手裏剣のような形をした手のひらサイズのおもちゃで、中心に小さなベアリングが入っています。指で回すとクルクルと高速で回転を始める単純な機能ですが、子供たちはこれを家でも学校でもクルクル回し続け、親や先生たちをイライラさせています。

 もともとは、急増するADHD(注意欠陥・多動性障害)や不安神経症、自閉症の症状を軽減するために開発されたもの。ところが、中学生を中心に若者や子供の間で爆発的に流行し、「授業の妨げになる」と持ち込みを禁止にする学校も出てきています。

 ところで、フィジェット・スピナーは本当にADHDなどに効果があるのでしょうか? 専門家は「不安やストレスを感じやすかったり、環境に過敏に反応する人は、ナーバスなエネルギーを発散するために爪を噛んだり皮膚を引っかいたりする。フィジェット・スピナーはそれよりずっと無害にエネルギーを消費する効果はある」とコメントしています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

もっと見る