• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大人もハマるスリル 「ガチアスレチック」なぜ人気なのか

「崖の上にせり出した鉄骨の先の鐘を鳴らす」「木の上からターザンのようにジャンプ」「池の上の障害物から落ちると全身ズブ濡れ」――。

 大人も夢中になるほどの“ガチ”な屋外アスレチック施設が人気を集めている。それが、「ガチアスレチック」だ。

 例えば、3月に神奈川県「さがみ湖リゾートプレジャーフォレスト」内にオープンした「マッスルモンスター」は、写真のような空中を結ぶ細い木のつり橋を渡るなど92種類のアトラクションをクリアしていくというもの。ハーネスを付けるので安全とはいえ、高所恐怖症の人には股間がむずがゆくなりそうだ。それでも、「空中で遊んでいるようなスリルが味わえる」と評判で、客が殺到している。

「1日約500人が利用。土日は朝に1日の整理券が全て完売するくらいの混雑ぶりです」(担当者)

 命綱一本で木と木の間を滑車で渡ったり、木の上からロープをつかんでジャンプしたり。まるでターザンの気分が味わえるのが「フォレストアドベンチャー」。1997年にフランスで発祥した自然共生型のアウトドアパークで、2006年に初上陸。現在は秩父や箱根など全国22カ所で営業している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  8. 8

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る