大人もハマるスリル 「ガチアスレチック」なぜ人気なのか

公開日:

「崖の上にせり出した鉄骨の先の鐘を鳴らす」「木の上からターザンのようにジャンプ」「池の上の障害物から落ちると全身ズブ濡れ」――。

 大人も夢中になるほどの“ガチ”な屋外アスレチック施設が人気を集めている。それが、「ガチアスレチック」だ。

 例えば、3月に神奈川県「さがみ湖リゾートプレジャーフォレスト」内にオープンした「マッスルモンスター」は、写真のような空中を結ぶ細い木のつり橋を渡るなど92種類のアトラクションをクリアしていくというもの。ハーネスを付けるので安全とはいえ、高所恐怖症の人には股間がむずがゆくなりそうだ。それでも、「空中で遊んでいるようなスリルが味わえる」と評判で、客が殺到している。

「1日約500人が利用。土日は朝に1日の整理券が全て完売するくらいの混雑ぶりです」(担当者)

 命綱一本で木と木の間を滑車で渡ったり、木の上からロープをつかんでジャンプしたり。まるでターザンの気分が味わえるのが「フォレストアドベンチャー」。1997年にフランスで発祥した自然共生型のアウトドアパークで、2006年に初上陸。現在は秩父や箱根など全国22カ所で営業している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る