市販薬も控除対象に 「セルフメディケーション税制」って

公開日:

 医療費控除は、病院などで支払った保険医療費について10万円を超えた分を所得税から控除する仕組み。世帯で合算できるので、所得税が高い人が申告する方が得だ。来月の確定申告に向けて準備している人もいるだろう。その仕組みが今年から市販薬にも拡大されるようになる。それが、「セルフメディケーション税制」だ。

 大正製薬の調査によると、この制度の認知度は16%と低い。しかし、使わないと損だ。

「年間1万2000円を超える市販薬を購入して確定申告すると、所得税が一部還付され、翌年の住民税が減税されるのです。花粉症や風邪、頭痛などで市販薬を使う方は今のうちからレシートを集めておくと、還付額が数万円になるケースもあります。利用しないのは損です」(大正製薬広報担当者)

 たとえば、花粉症の薬は1週間分で1000円チョイ。仮に1000円として3月から5月までの3カ月間、市販薬を使ったとすると12週でちょうど1万2000円。これに目薬や風邪薬、鎮痛薬などを使った分を合わせたり、妻の分を加えたりすれば、1万2000円の“ハードル”は越えるだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

  10. 10

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

もっと見る