銀行業務は倍率100倍 シニア就活は“脱ホワイト”で無限大

公開日:

「働けるうちはいつまでも」――「2016年版高齢社会白書」によると、60歳以上の3割はそう願っている。「65歳まで」「70歳まで」を含めると、就労希望者は7割を超える。50歳前後で早期退職制度を取り入れる企業は少なくないだけに、そのタイミングでサラリーマンをやめる人は多い。全国のハローワークで45歳以上が占める割合は50%近い。

 しかし、引く手あまたの技術者ならともかく、ホワイトカラーの事務職は超激戦区。手に職がない事務系だったら、“脱ホワイト”を目指すべきだ。人材コンサルタントの菅野宏三氏が言う。

「立ち仕事でも屋内の職種は人気です。たとえば、銀行でATMの操作を説明したり、客を誘導したりするロビー業務。役所などの案内係も応募が殺到します。ただ、銀行によっては、面接の前に筆記試験が課され、1回50人を4回に分けて行うケースもある。それで採用されるのは、2、3人。試験は中学程度の一般教養ですが、100人に1人の狭き門です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    半グレ摘発も…真空地帯となったミナミを仕切るのはどこか

もっと見る