高橋三千綱
著者のコラム一覧
高橋三千綱

1948年1月5日、大阪府豊中市生まれ。サンフランシスコ州立大学英語学科、早稲田大学英文科中退。元東京スポーツ記者。74年、「退屈しのぎ」で群像新人文学賞、78年、「九月の空」で芥川賞受賞。近著に「さすらいの皇帝ペンギン」「ありがとう肝硬変、よろしく糖尿病」「がんを忘れたら、『余命』が延びました!」がある。

医者から食道がん宣告も手術拒否 「心に響かなかった」

公開日: 更新日:

「あなたの場合は度が過ぎている。今のままなら4カ月、酒を飲んだら40日で死ぬ」

 61歳のとき、肝硬変で余命4カ月と医師に告げられた。その時、私が何を思ったかというと、もう酒を飲めないということへの恐怖だった。死ぬということについては興味が湧かなかった。むしろ無関心だった。

 だから3年後の2012年3月に「食道がん」を宣告された際も、私の心に「がん」という言葉は響かなかった。肝臓がんなら少しは納得もいったが、なぜ食道なのかと違和感を覚えたほどだ。

 その1年後の4月、今度は「胃がん」が発見され、医師に内視鏡手術を勧められたが、断った。女房が、外科医と内科医の医師2人から「手術しなければ半年後には大変なことになる」と散々脅かされたと後で聞かされたが、今も手術はやっていない。あれから4年と2カ月が過ぎたが、私は生きている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  2. 2

    強烈ジョークでNHKを慌てさせた 香取慎吾の気になる今後

  3. 3

    キムタク「抱かれたくない男」1位にTV局が高笑いのワケ

  4. 4

    中居正広が五輪キャスター争奪戦で“売れ残り”の大ピンチ

  5. 5

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  6. 6

    全て思惑通り…N国の立花党首にマスコミは利用されている

  7. 7

    U18の“二枚看板” 大船渡・佐々木と星陵・奥川に数々の不安

  8. 8

    マツコ「元SMAP共演拒否発言」騒動にTVマン拍手喝采の訳

  9. 9

    「カジノではなくF1とディズニーを」“ハマのドン”が激怒

  10. 10

    泥沼の日韓対立 この政権が続く限り解決は不可能<上>

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る